文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 専門ドック > 各専門ドックの種類と検査項目 

専門ドック

各専門ドックの種類と検査項目

 

脳ドック

 頭部MRI、頭部MRA、頸動脈エコー
 

動脈硬化や脳動脈瘤など脳血管の評価に加え、脳腫瘍の有無が分かります。
● 頭部MRI:脳の断面画像により、発症間もない脳梗塞や小さな梗塞なども映し出します。
● 頭部MRA:脳の血管を立体画像として映し出すことにより、細くなった血管や動脈瘤を発見することができます。
● 頸動脈エコー:頸動脈の動脈硬化がないか調べます。頸動脈の動脈硬化が進んでいるほど、ほかの部位の動脈
                   硬化も進んでいると考えられます。

脳MRAの写真

 

心ドック

 心電図、心エコー、トレッドミル
 
心臓の形態と機能を総合的に評価します。狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈の早期発見に有用です。

心電図のイラスト 心エコーのイラスト トレッドミルのイラスト

             心電図                                    心エコー                              トレッドミル

 
  • ※ トレッドミルとは?
        ベルトコンベアの上を歩いて、運動中の心臓の状態を調べる検査です。
  • 心ドックと冠動脈ドックは同一日に実施出来ます。
     

     

     

    冠動脈ドック

     心電図、冠動脈CT
     

    造影剤を用いたCTによって、心臓を3次元的に様々な方向から観察することにより、 狭心症や心筋梗塞の原因となる冠動脈病変の有無がわかります。
    心臓についての総合的な評価を希望される方は、併せて心ドックをお勧めします。
    ※ CTの際には造影剤を使用しますので、腎機能のチェック(血液検査)が必要となります(当ドックに含まれます)。
    腎機能が低下している場合、また、アレルギーや喘息の既往のある方は検査をお受けになれない場合があります。

    冠動脈のイラスト

    心ドックと冠動脈ドックは同一日に実施出来ます。

     

    肝胆膵ドック

     腹部エコー、腹部造影CT、血液検査(肝機能・腫瘍マーカー;AFP / PIVKA-Ⅱ / CEA)
     

    オプションとしてお選びいただけます
        ・肝炎ウイルスマーカー;HBs抗原 / HCV抗体(血液検査)

     

    肝炎の有無や肝がん・膵がんの早期発見、胆石症などの診断ができます。
    腹部エコーとCT、腫瘍マーカーを併せて行い、検出率を高めます。
     
    ※ 病変を明瞭に区別するため、CTの際には造影剤を使用します。造影剤使用の前には腎機能のチェック(血液検査)が必要となります。(当ドックに含まれます)。腎機能が低下している場合、また、アレルギーや喘息の既往のある方は検査をお受けになれない場合があります。

    肝臓・胆嚢・膵臓のイラスト

    ※腫瘍マーカー検査とは?
     体内にできた腫瘍が産生する、健康なときにはほとんど見られない物質を測定するものです。画像診断の補助として用いられます。早期がんでは陽性とならない場合があります。

     

     

    胃ドック

     上部消化管内視鏡(食道・胃・十二指腸)
     

    オプションとしてお選びいただけます
        ・腫瘍マーカー;CEA / CA19-9(血液検査)

     

    一般的に『胃カメラ』と呼ばれる内視鏡を口から挿入し、食道・胃・十二指腸の粘膜にできる病気(逆流性食道炎や潰瘍・がんなど)を発見する検査です。ご希望により経鼻内視鏡に替えることが可能です。
     
    ※ 病変が発見され、組織検査(生検)を行う場合には保険診療となります。

    胃のイラスト

    胃ドックと、直腸あるいは全大腸ドックは同一日に実施出来ます。

     

     

    直腸ドック

     下部消化管内視鏡(直腸肛門~S状結腸まで)
     
    肛門から内視鏡を挿入し、大腸の粘膜に生じた病変を直接観察する検査です。
    がんの発生が多い、直腸~S状結腸の検査を行います。

    ※ 病変が発見され、組織検査(生検)を行う場合には保険診療となります。

    胃ドックと、直腸あるいは全大腸ドックは同一日に実施出来ます。

     

     

    全大腸ドック

     下部消化管内視鏡(上行結腸・盲腸まで)
     

    オプションとしてお選びいただけます
        ・腫瘍マーカー;CEA / CA19-9(血液検査)

    直腸ドックと同様に内視鏡を用います。
    直腸から結腸にかけての全大腸の病気(がん・炎症性疾患など)の発見ができます。
     
    ※ 病変が発見され、組織検査(生検)を行う場合には保険診療となります。

    大腸のイラスト

    胃ドックと、直腸あるいは全大腸ドックは同一日に実施出来ます。