文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 診療科・施設 > 専門医療チーム(サブセンター)のご案内

腎センターの取り組み

 平成29年度から常勤4名(血管外科医2名、腎臓内科医2名)となった腎センターです。
透析患者さんのシャントトラブルに対する修復手術・カテーテル治療の依頼は県内のあらゆる施設から年間400例を超える紹介を頂いています。土曜日も含めてシャントトラブルには即日対応できる体制を整え、先生方のご要望にお応えしていきたいと考えています。
 腎臓内科が平成24年度に開設されたことにより、透析が必要になる前段階の、保存期慢性腎不全の外来診療も行ないます。また、以前から透析患者の合併症の治療を受け入れておりましたが、平成29年度より2名体制となり、さらに積極的に腎臓内科が介入し治療をサポートいたします。

血管外科

当科では毎年200例を超える血管外科手術・カテーテル治療を行っています。血管外科で診療を行っている疾患についてご紹介します。主な対象疾患は腹部大動脈瘤・急性および慢性動脈閉塞症・下肢静脈瘤で、また透析患者さんのシャントトラブルに対する修復手術・カテーテル治療の依頼は県内のあらゆる施設から年間400例を超える紹介を頂いています。

腹部大動脈瘤

腹部大動脈瘤は無症状であっても破裂すれば致命的となる疾患です。従来、外科治療と言えば開腹手術しかなかったのですが、2008年に腹部大動脈瘤に対するステントグラフト留置術が保険適応となり、腹部大動脈瘤の外科治療は新たな時代を迎えました。「高齢だから手術はできないと言われ、あきらめていた。」または「手術は怖いからしたくなかった。」など、今まで開腹手術の対象外となってきた方々が短期間の入院で元気に退院されています。高齢の方や多くの持病を抱えた高リスクの方々には、大きな福音となっています。

     


急性および慢性動脈閉塞症

四肢、特に下肢の血行障害です。歩行するとふくらはぎがこわる・だるくなると言った症状に始まり、重症化すると下肢の疼痛・壊疽に至り下肢切断を余儀なくされます。治療法には、内科的治療(内服薬と運動療法)、カテーテル治療(バルーン血管拡張術・ステント留置術)、そしてバイパス手術があります。当院ではこの全ての治療を血管外科医が行なっていますので、病変の部位や性状、症状の重症度に応じてあらゆる選択肢を患者さんに提示し、最適な治療法を偏りなく選択することが可能となっています。血行再建術(カテーテル治療またはバイパス手術)は内科的治療に比べて症状の速やかな改善が得られるのが特徴で、特に、カテーテル治療の場合1泊入院で治療が可能なため、早期の社会復帰・職場復帰が可能です。壊疽を伴う重症虚血症例に対しても、できるだけ肢切断を回避して肢を温存する方針で、足関節周囲の直径約1mmの動脈へも積極的にバイパス術を行なっています。また、難治性潰瘍や糖尿病性壊疽などの開放創の処置には、最新の創傷治癒ツールである閉鎖持続陰圧療法を採用しています。このように、当院には足の難治性潰瘍や壊疽に対するあらゆる外科治療のツールが準備されています。



下肢静脈瘤

下肢静脈瘤は、患者さんの症状に応じて外科治療の必要性・有用性も変わってきます。全ての方に弾力ストッキングや手術が必要な訳ではありません。足が重い・だるい・足がつるなどと言った症状がある方は、外科的治療を行うことで日常生活や立ち仕事が楽になりますし、女性ばかりでなく男性でも「スカート・短パンがはけるようになって嬉しい」と喜ばれます。下肢静脈瘤の治療も、現在では約9割以上の方で低侵襲なカテーテル治療(高周波焼灼術)が施行可能です。


シャントトラブル

透析患者さんにとって、シャントは日々の透析に必要不可欠なもの、いわば命綱です。当科では、さまざまなシャントトラブル(機能不全、閉塞、感染、瘤、過剰血流、スティール症候群など)に対して、迅速かつ適切な外科治療を行える経験と実績があります(毎年500例を超えるトラブルをご紹介頂いています)。透析シャントに関するいかなる問題に関しても解決策を持っていますので、いつでもご相談下さい。遅くとも、一両日中には当院・血管外科・腎センターで受け入れ可能な体制でお待ちしています。


腎臓内科

腎臓の役割

腎臓では血液が濾過され尿がつくられます。腎臓には糸球体という構造物があります。糸球体は直径が0.1-0.2mmの球体であり、左右の腎臓に各100万個、合計200万個存在します。この糸球体で血液が濾過されます。正常の腎臓では1分間に100ml程度の血液が糸球体で濾過され、最終的に尿として排泄されます。このしくみにより体内の水分量や塩分の量は一定に調節され、毒素が除去されます。他にも腎臓には赤血球産生の促進、血圧の調節など多様な働きがあります。腎臓が十分に機能しなくなると、体に水分や塩分が貯まって浮腫(むくみ)が出たり、尿毒素が体に貯まることで元気がなくなったり食欲が減退したりします。腎臓が機能しなくなると(末期腎不全)、腎代替療法(透析治療や腎臓移植)を行わないと生命維持ができなくなります。

腎臓病の診断

腎臓病には、慢性糸球体腎炎(IgA腎症など)、糖尿病性腎症、高血圧性腎硬化症、全身疾患(膠原病など)に伴うものなどがあります。進行が遅いものから急速なものまで経過も様々です。腎臓病の予後は発症から診断・治療開始までの時間が大きく影響します。わが国では学校検尿や特定検診などにより早期に腎臓病を発見して対策を立てる仕組みが構築されています。尿蛋白が多いときや活動性の高い腎炎が疑われる場合には、正確な組織診断をつけ適切な治療を選択するために、腎臓の組織を採取する腎生検という検査が必要なことがあります。腎生検は入院して行います。

慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease: CKD)

腎臓が継続的に障害を受けると慢性進行性となり、200万個あった糸球体が減少し、徐々に腎機能が低下するようになります。この状態を慢性腎臓病(CKD)といいます。慢性腎臓病の患者さんは末期腎不全の前段階というだけでなく、心筋梗塞や心不全、脳卒中など心血管病の発症や死亡率が高くなることが明らかになっています。
成人では糸球体数は増加しません。減少した糸球体を元の状態に戻す手段はありません。しかし、原疾患の治療、血圧・血糖のコントロールや脂質異常症・高尿酸血症・腎性貧血の治療、禁煙や肥満改善などの生活指導、減塩・蛋白制限などの食事指導によりCKDの進行を遅らせる(これ以上糸球体が減ることを防ぐ)ことができます。これがCKDの治療です。
初期の段階(CKD ステージG4まで)では、普段はかかりつけの医療機関に通院しながら、定期的(2・3・6・12ヶ月ごと)に当院にも通院していただきます。処方はかかりつけの先生に行っていただきます。当院にて行った指導内容と検査結果はかかりつけの先生にご報告いたします。腎代替療法を考えないといけない段階(CKD ステージG5)になると、腎臓内科が毎月の診療や薬剤の処方を行うことが望ましいとされています。この状態になると当院が主体となって診療を行います。

末期腎不全と腎代替療法

腎代替療法には大きく分けて透析と腎臓移植があります。
透析の方法には、血液透析と腹膜透析があります。どちらも治療を開始するための準備(手術)が必要です。当院では腎代替療法が必要になった場合、患者さん・ご家族とご相談させていただき、どちらの透析を行うか決定しています。
血液透析(HD)は、わが国の透析患者さんの97%が行っています。血管に針を刺し、血液を体の外に取り出し、血液を機械できれいにして体に戻します。1回の治療に約5時間かかります。透析を行う医療機関に週3回通院する必要があります。
腹膜透析は、腹部に埋め込んだカテーテルを使って、腹腔に透析液を一定時間貯め、体外に透析液を捨てる治療法です。普通は透析液の交換を1日3~4回行ないます。ご自宅でご自身で行う治療で、病院への通院は月1~2回ですみます。
腎臓移植は、手術で提供された1つの腎臓を下腹部の左右どちらかに移植します。腎臓の機能のほとんどを肩代わりするので、健常者とほぼ同様な生活が可能となります。腎臓移植には生体腎移植と献腎移植の2通りあります。移植を希望される患者さんは、九州大学病院や福岡赤十字病院などの関連機関に紹介いたします。
2017年4月から当院の腎臓内科医師は1名から2名へ増員になりました。これにより外来も月曜日から金曜日まで連日対応できるようになりました。健康診断で蛋白尿を指摘された方や、血液検査で腎機能低下を指摘された方は、お気軽に受診してください。かかりつけの先生がいらっしゃる方は紹介状をお持ちください。