肝・胆・膵センターの取り組み - 福岡市民病院
文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 診療科・施設 > 専門医療チーム(サブセンター)のご案内

肝・胆・膵センターの取り組み

肝臓・胆嚢・膵臓のイラスト 肝臓、胆道(胆管、胆嚢)、膵臓に発生する疾患はそれぞれの臓器が近接しており、発生した病気がお互いに影響を与えることも多くなります。こうした疾患を扱うには高度の専門性が必要ですので内科、外科の垣根を取り払い肝・胆・膵センターとして診療にあたっています。

毎週定期的にセンター内では内科外科合同回診を、また放射線科も参加の下合同カンファレンスを行い、最適な治療方法を選択し加療を行っています。

内科部門

当院は、日本消化器病学会および日本肝臓学会の認定施設となっています。肝・胆・膵センター(内科)は4名(内日本消化器病学会専門医3名(指導医1名)、日本肝臓学会専門医3名(指導医1名))の布陣で肝臓、胆道、膵臓疾患の診断と治療を行っています。肝機能障害の原因診断・加療、抗肝炎ウイルス療法、悪性腫瘍に対する治療、腹水や肝性脳症などの肝不全治療、食道静脈瘤治療(EVL、EIS)、胆石・胆嚢炎や膵炎治療、閉塞性黄疸の診断と治療(ERCP、PTCD)、経十二指腸乳頭的胆管結石採石術など多岐にわたっており、担当医はこれらの治療手技に精通して総合的な肝臓・胆道・膵臓疾患治療を提供しています。

C型慢性肝炎及びC型代償性肝硬変に対する新たな抗ウイルス療法

肝硬変を含むB型肝炎、C型肝炎に対する抗ウイルス療法を保険認可当初から積極的に行っています。
平成26年9月よりインターフェロンフリー治療として、ジェノタイプ1型C型慢性肝炎及びC型代償性肝硬変に対しダクルインザ・スンベプラ併用療法が始まり、インターフェロンを用いず副作用の少ない経口薬剤で高率にウイルスが排除できるようになりました。以後平成27年8月よりハーボニー配合錠、11月よりヴィキラックス配合錠も処方できるようになりその後もエレルサ・グラジナ錠と新薬が次々に処方できるようになり更に多くの患者さんがウイルス排除に成功しています。またジェノタイプ2型に対しましても平成27年5月ソバルディ・リバビリン併用療法が始まり、多くの患者さんがウイルス排除に成功していましたがジェノタイプ1型と異なり腎機能が悪い方への投与ができませんでした。平成29年11月にマヴィレット錠がジェノタイプに関わらず処方できるようになり、腎障害のある方への投与も可能となりました。治療期間も最短8週間となっており、インターフェロンフリー治療が始まった頃は治療期間は24週でしたので3分の1まで短縮しています。著効率も高くC型肝炎はほとんどの方が治る時代になっています。血小板が減少傾向で高齢な方ほど肝癌リスクは高くなりますので、インターフェロン治療の副作用や年齢を理由に治療を見合わされている方もウイルス排除の良い機会と思いますので是非御紹介ください。

肝癌治療

肝癌の治療は、特に力を入れてきた分野です。この治療こそ、内科外科の垣根を越えた連携が特に重要です。平成元年の当院開院当初より1,500例を超える治療経験があります。当科では、肝癌の経皮的治療であるラジオ波凝固治療を主に担当しています。

ERCP

ERCP施行数の図

胆膵系疾患の診療にも力を入れており、平成29年度はERCP施行数は124件でした。ステント挿入や総胆管採石も積極的に行っており、造影検査だけではなく治療・処置も増加しています。十二指腸乳頭に対しては、バルーン拡張術(EPBD)と切開術(EST)の両方の処置方法をケースバイケースで使い分けています。

外科部門

2008年6月より日本肝胆膵外科学会高度技能修練施設に認定されている肝臓・胆道・膵臓外科を専門に治療しており、若手外科医の肝胆膵外科専門医も養成しています。肝胆膵センターでは肝臓、胆嚢、膵臓などに関する病気や悩みに対して解決できるように、外科、内科、放射線科が互いに連携を行い診断、治療にあたります。外科的治療が最適と判断した場合は外科部門が積極的に関わり、治療を行います。


肝胆膵外科年別症例数の図  福岡市民病院外科 肝胆膵手術内訳の図

【肝がんに対する外科治療】

1989年の病院開院以来1000例以上の肝切除手術の実績がある福岡県内で有数の専門施設で、当院で修練した若手肝臓外科医3名が高度技能指導医になっています。原発性肝がんに対しての肝切除術の長期治療成績は5年生存率52%、10年生存率26%(2017年4月現在)と全国調査と同等の良好な成績を挙げています。また、化学療法などの治療の進歩に応じて大腸がんなどの転移性肝腫瘍に対する肝切除も積極的に行っています。


 

 

【胆道・膵臓外科】
血管合併切除・再建を伴う肝門部胆管癌手術の図

胆道がん・膵臓がんに対しては唯一の根治治療である高難度手術の拡大肝切除や膵頭十二指腸切除術を積極的に行っています。黄疸、肝機能障害や胆道系酵素の上昇、糖尿病の増悪、膵炎、膵臓の嚢胞(IPMN)、胆石、胆嚢壁の肥厚などありましたら、ぜひ一度肝胆膵センターへの受診をしてください。

 

【腹腔鏡手術】

胆のうや膵臓の良性疾患に対しては、ほとんどが腹腔鏡手術で治療が可能です。また、手術の安全性と癌の根治性を損なわれない症例には肝がんに対しても腹腔鏡下肝切除を行います。腹腔鏡手術は手術の適応、安全性、確実性を考慮して、患者、家族と共に利点、欠点を理解していただいた上で行います。