文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 診療科・施設 > 専門医療チーム(サブセンター)のご案内

肝・胆・膵センターの取り組み

肝・胆・膵センターの取り組み 肝臓、胆道(胆管、胆嚢)、膵臓に発生する疾患を専門に扱います。それぞれの臓器が近接しており、発生した病気がお互いに影響を与えることも多くなります。こうした疾患を扱うには高度の専門性が必要ですので、独立したセンターとして診療にあたっています。

病気の背景に、脂肪肝、B型やC型のウイルス性慢性肝炎・肝硬変などが存在していることも多く、内科・外科の協力・連携が極めて重要な領域です。肝機能障害の原因診断、抗肝炎ウイルス療法、胆石・胆嚢炎や膵炎治療、閉塞性黄疸の診断と治療(ERCP、PTCD)、経十二指腸乳頭的胆管結石採石術、食道静脈瘤治療(EVL、EIS)、腹水や肝性脳症などの肝不全治療、および悪性腫瘍に対する治療等、多岐にわたっています。

肝癌に対する経皮的治療をはじめとして、巨大肝癌切除や胆道癌・膵癌に対する膵頭十二指腸切除も行います。切除不能の場合には、化学療法も積極的に行っています。特に、肝癌治療に対しては20年以上力を入れてきた領域であり、既に約1,000例に及ぶ治療経験を持っています。

毎週定期的にセンター内では内科・外科・そして放射線科の合同カンファレンスを行い、最適な治療方法を選択します。

内科部門

スタッフ全員が腹部超音波検査は勿論のこと、慢性肝炎に対する抗ウイルス療法、食道静脈瘤に対する内視鏡的結紮術や硬化療法などの内視鏡操作、胆膵系の診断や治療に欠かせない内視鏡的逆行性胆膵管造影(ERCP)操作、肝癌に対するマイクロ波やラジオ波を用いた焼灼療法等全ての治療手技に精通して、隙間のない医療を提供しています。


Ⅰ;肝臓

B型肝炎、C型肝炎に対する抗ウイルス治療
原因不明の肝機能障害の精査
肝硬変の合併症治療

食道静脈瘤治療 ①EIS(硬化療法) 
  ②EVL(バルーン結紮術)
  ③EIS+EVL+APC(アルゴンプラズマ凝固)併用
胃静脈瘤 B-RTO( バルーン閉塞下逆行性静脈瘤閉鎖術 )
肝細胞癌 ①エコーガイド下経皮治療( PEIT, PMCT, RFA )
  ②動注化学療法( ワンショット動注、TAE、リザーバー動注 )
  ③分子標的薬治療

Ⅱ;胆道

閉塞性黄疸に対する減黄術( PTCD, ERBD )及び、ステント留置
総胆管結石に対する内視鏡治療( EST, EPBD )
胆嚢癌、胆管癌に対する化学療法


Ⅲ;膵臓

膵腫瘤性病変の精査
切除不能膵癌に対する化学療法


1 慢性肝炎

B型慢性肝炎・肝硬変に対する治療は、核酸アナログ製剤の登場により様変わりしてきました。一日1回の内服により肝炎のコントロールが可能となり、ほぼ正常者と変わらない生活を送っていただけるようになっています。現在、年間90例あまりの方に投薬を行っています。

C型慢性肝炎に対するインターフェロン治療は、現在ペグインターフェロンとリバビリンを併用した治療が中心です。平成16年12月に保険収載となって以降、平成22年末までに約250例の方に治療を行っています。


2 胃・食道静脈瘤炎

肝硬変の合併症として問題となる静脈瘤に対しても、当センターで治療にあたっています。胃静脈瘤は、バルーン閉塞下逆行性静脈瘤閉鎖術(B-RTO)が主体ですが、食道静脈瘤に対しては内視鏡的結紮術だけでなく硬化療法も状況によって使い分けています。内視鏡的結紮術(EVL)は合併症も少なく、現在の食道静脈瘤治療の中心ですが、治療後の頑固な再発例などで硬化剤を使用する内視鏡的硬化療法(EIS)が必要となる場合があるためです。


3 胆道・膵疾患

3 胆道・膵疾患 結石や癌の診断、治療が中心となります。閉塞性黄疸や胆管炎などで発症した方の胆管系へのアプローチとしては、エコーガイド下経皮経肝的胆管穿刺術(PTC)と内視鏡的逆行性胆膵管造影(ERCP)の二通りがあります。どちらも長所・短所があり、より適切な方法を選択することが重要です。当センターでは、両者を適切に選択して対応しています。

総胆管結石に対しては、ERCP下に十二指腸乳頭バルーン拡張術(EPBD)と乳頭切開術(EST)の両手技を、病態に応じて適切に選択して採石術を行います。閉塞性黄疸の減黄術に関しては、PTCからのドレーン留置(PTCD)や内婁化、ERCPからのERBDを使い分けています。

4 肝臓癌(特に肝細胞癌)

平成元年より特に肝癌の診療に力を入れてきました。基礎疾患であるB型肝炎やC型肝炎の治療により肝癌の発生や再発を抑制したり、繰り返す肝癌の発生に対する集学的治療として外科切除と内科経皮治療(マイクロ波・ラジオ波焼灼)のどちらの方法が適切なのかカンファレンスで検討し十分なインフォームド・コンセントのうえで、治療に望んでいます。現在の内科治療の主体であるラジオ波焼灼術については平成11年に使用を開始し、10年以上の経験を持っています。

肝細胞癌は再発も多く、長期的な治療戦略に基づく治療方法の決定が、極めて重要と考えております。


外科部門

2008年6月より日本肝胆膵外科学会高度技能修練施設に認定されている肝臓・胆道・膵臓外科を専門に治療しており、若手外科医の肝胆膵外科専門医も養成しています。肝胆膵センターでは肝臓、胆嚢、膵臓などに関する病気や悩みに対して解決できるように、外科、内科、放射線科が互いに連携を行い診断、治療にあたります。外科的治療が最適と判断した場合は外科部門が積極的に関わり、治療を行います。


 

【肝がんに対する外科治療】

1989年の病院開院以来1000例以上の肝切除手術の実績がある福岡県内で有数の専門施設で、当院で修練した若手肝臓外科医3名が高度技能指導医になっています。原発性肝がんに対しての肝切除術の長期治療成績は5年生存率52%、10年生存率26%(2017年4月現在)と全国調査と同等の良好な成績を挙げています。また、化学療法などの治療の進歩に応じて大腸がんなどの転移性肝腫瘍に対する肝切除も積極的に行っています。


 

 

【胆道・膵臓外科】

胆道がん・膵臓がんに対しては唯一の根治治療である高難度手術の拡大肝切除や膵頭十二指腸切除術を積極的に行っています。黄疸、肝機能障害や胆道系酵素の上昇、糖尿病の増悪、膵炎、膵臓の嚢胞(IPMN)、胆石、胆嚢壁の肥厚などありましたら、ぜひ一度肝胆膵センターへの受診をしてください。

 

【腹腔鏡手術】

胆のうや膵臓の良性疾患に対しては、ほとんどが腹腔鏡手術で治療が可能です。また、手術の安全性と癌の根治性を損なわれない症例には肝がんに対しても腹腔鏡下肝切除を行います。腹腔鏡手術は手術の適応、安全性、確実性を考慮して、患者、家族と共に利点、欠点を理解していただいた上で行います。