文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 診療科・施設 > 専門医療チーム(サブセンター)のご案内

食道疾患センターの取り組み

2020年4月1日より福岡市民病院 食道疾患センターを設立しました。
食道疾患の頻度は胃腸疾患と比べて高くはありませんが、食道悪性腫瘍のみならず、食道良性腫瘍や食道裂孔ヘルニア、難治性の逆流性食道炎などで食事が思うように摂れず、悩まれている方は少なくありません。
当センターは、消化器外科・消化器内科・放射線科が密に連携し、個々の患者さんにとって最良の治療法を御提案することを目的としています。
良性疾患に対しては内科的治療を第一選択としますが、難治性の症例や手術が望ましいと判断される症例に対しては、積極的に低侵襲手術を行っております。
食道疾患にお悩みの患者さんや、どこに紹介しようかと迷われる先生方にとって、安心して検査・治療をお任せいただけるセンターとなるよう努力してまいります。
 

対象疾患
食道癌, 食道胃接合部癌, 食道GIST, 食道粘膜下腫瘍, 食道裂孔ヘルニア, 逆流性食道炎, 食道アカラシア, 特発性食道破裂, 食道異物 など

 

食道疾患の写真