文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 診療科・施設 > リハビリテーション部

リハビリテーション部

リハビリテーションの必要な患者さんには急性の治療と並行して早期よりリハビリテーションを行ないます。早期リハビリテーションの目的は廃用性症候群(動かさないことにより心身の機能が低下する)の予防と早期の離床を図ることです。身体機能、精神機能の予防や回復は入院期間の短縮や社会復帰への近道ともなります。各診療科の依頼に基づき、われわれ理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がリハビリテーションを担当します。

診療内容

整形外科、脳神経外科、神経内科、外科、循環器科などの術後早期、あるいは脳血管障害早期の患者さんに対する急性期のリハビリテ-ションを行います。

運動器

当院における運動器の代表疾患は脊椎疾患です。整形外科で脊椎の手術を受けられた患者さんは基本的に術後2日目より離床、訓練室でのリハビリテ-ションは7日目より開始します。

脳血管など

脳卒中急性期には症状増悪や再発を来たさないように治療を行いながら、早期にリハビリテ-ションを行うことが重要です。基本的に脳梗塞症例、脳出血保存症例では入院日翌日より、脳出血手術症例では術後1日目より開始します。

がん、心大血管

リハビリテーションが必要な患者さんには体力や体調、手術創の回復の度合いをみながら早期よりリハビリテーションを開始します。

目標

リハビリテーションの必要な患者さんには早期よりリハビリテーションを行います。急性期リハビリテーションの目的は廃用性症候群を予防し早期より離床を図ることです。限られた時間ではありますが、明るく楽しく、ちょっぴり厳しく、われわれスタッフはその患者さんの復帰をお手伝いしていきます。