文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 診療科・施設 > 内科

内科



当院内科は、肝臓内科、消化器内科、糖尿病内科よりなり、今年度のスタッフは9名で、専門性を持った診療にあたっています。
当院は日本内科学会教育関連施設であるとともに、それぞれの専門領域の学会認定施設として、より一層充実した医療の提供に努めていきます。

肝・胆・膵疾患

肝臓内科は総勢4名で、うち日本肝臓学会専門医3名(指導医1名)、日本消化器病学会専門医3名(指導医1名)を擁しています。また当院は日本肝臓学会および日本消化器病学会の認定施設となっており肝臓、胆道、膵臓疾患の専門性を持った診断と治療を行っています。 診療内容は肝機能障害の原因診断・加療、抗肝炎ウイルス療法、肝癌治療、腹水や肝性脳症などの肝不全治療、食道静脈瘤治療(EVL、EIS)、胆石・胆嚢炎や膵炎治療、閉塞性黄疸の診断と治療(ERCP、PTCD)、経十二指腸乳頭的胆管結石採石術など多岐にわたっており、担当医はこれらの治療手技に精通して総合的な肝臓・胆道・膵臓疾患治療を提供しています。

C型慢性肝炎及びC型肝硬変に対する新たな抗ウイルス療法

C型慢性肝炎及びC型代償性肝硬変に対し平成26年9月よりインターフェロンフリー治療として、ジェノタイプ1型に対しダクルインザ・スンベプラ併用療法が24週投与で始まり、インターフェロンを用いず副作用の少ない経口薬剤で高率にウイルスが排除できるようになりました。以後平成27年8月よりハーボニー配合錠、11月よりヴィキラックス配合錠、平成28年11月よりエレルサ・グラジナ錠がいずれも12週投与で加療できるようになり多くの患者さんがウイルス排除に成功しています。またジェノタイプ2型に対しましても平成27年5月ソバルディ・リバビリン併用療法が12週投与で始まり、高率にウイルスが排除できるようになりましたが、腎機能低下例には処方できませんでした。平成29年11月よりジェノタイプや腎機能に関係なく最短8週投与で加療できるマヴィレット配合錠が処方できるようになり、更には平成31年2月よりC型非代償性肝硬変に対しエプクルーサ配合錠が、また令和元年8月よりマヴィレット配合錠が12歳以上の小児に処方できるようになり、C型肝炎は治る時代に突入しました。当院もすでに300症例以上の加療を行い95%以上のウイルス排除に成功しています。

肝癌治療

肝癌治療は、特に力を入れてきた分野です。平成元年の当院開院当初より1,500例を超える治療経験があり、治療開始から10年・15年を超えて生存されている方も増えています。
この治療には、診療科の垣根を越えた連携が重要であり、外科・放射線科とも協力し毎週合同カンファレンス・回診を行い、ラジオ波凝固療法等の局所凝固療法、経カテーテル的肝動脈化学塞栓療法、肝切除術、分子標的薬等の薬物療法等より最適な治療方法を選択あるいは組み合わせて行っています。

ERCP

ERCP施行数の図

胆膵系疾患の診療にも力を入れており、平成19年は20件以下であったERCP施行数も平成26年以降は120件以上と症例数も大きく増加しています。
ステント挿入や総胆管採石も積極的に行っており、造影検査だけではなく治療・処置も増加しています。

消化管疾患

消化器内科は、消化管腫瘍、消化管出血、炎症性腸疾患などの消化管疾患を中心に診療を行っております。また内視鏡治療では腫瘍性病変に対する内視鏡的切除術(EMR・ESD)、消化管出血に対する内視鏡的止血術を中心に行っております。

内視鏡検査数の推移

年度別内視鏡件数の図

令和元年度は上部消化管内視鏡検査1,707件、下部消化管内視鏡検査928件、超音波内視鏡検査(腫瘍深達度診断、粘膜下腫瘍の診断など)78件を行いました。

内視鏡治療の動向

早期癌やポリープの内視鏡的切除術、消化管出血に対する内視鏡的止血術を主に治療を行っております。平成26年度より大腸病変に対する内視鏡的粘膜下層剥離術を開始いたしました。令和元年度は食道・胃・大腸における内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を83例、下部消化管においてEMR・ポリペクトミーを365例施行しました。
出血性胃十二指腸潰瘍・食道胃静脈瘤などに対する緊急内視鏡検査にも24時間対応し積極的に行っております。昨年度は113例止血術を行っております。

 年度別内視鏡的消化管粘膜切除術・粘膜下層剥離術件数の図
 年度別内視鏡的大腸ポリペクトミー・EMR施行数の図  

今後の取り組み

内視鏡診療に関する患者さんの安全性、プライバシーの保護、ホスピタリティの改善などの問題を改善すべく、当院内視鏡室は平成26年11月にそれまでの本館3階から1階へ移転いたしました。今後も患者さんが安心して当院で診療を受けて頂けていただけるよう、消化器内視鏡関連の安全性の確保、業務の改善を行い、よりアクセスしやすい病診連携の環境を整備して参りたいと思います。

 内視鏡室の写真

糖尿病

外来診療

状態の安定した患者さんは、できるだけお近くの施設へご紹介させて頂いていますが、当院の外来糖尿病管理患者数は約800名で、月曜から金曜までの毎日、2名が交代で診療に当たっています。(水曜日は原則再来日です。) 管理栄養士による個人栄養指導は毎日行っており、当日のオーダーも可能です。 入院が困難な患者さんに対し、外来でのインスリンやインクレチン製剤(GLP-1アナログ製剤)の導入、自己血糖測定の開始も積極的に行っています。 また眼科と連携し、網膜症の早期発見・治療にあたり、進行した糖尿病腎症は腎臓内科と共に診療にあたります。水曜日に限り、医師、糖尿病看護認定看護師、管理栄養士による、透析予防指導、並びに糖尿病看護認定看護師によるフットケア外来が可能な体制となっています。 動脈硬化の進行による脳梗塞、狭心症・心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症に関しても脳卒中センター、ハートセンター(循環器内科)、腎センター、血管外科と連携して検査・治療を行っています。

入院診療

糖尿病入院患者数の図

令和元年度は90名程度の糖尿病教育入院がありました。糖尿病教室は5日間を1クールとして月2クール(原則として第1、3週)行っています。 入院中に、インスリン分泌能の評価(尿中C-ペプチド測定、食事負荷試験など)を行う他、腹部エコー、頚動脈エコー、ご希望に応じて、上下部消化管内視鏡検査などで合併症や併存疾患の評価を行っています。

他科入院中の糖尿病患者の血糖管理

患者さんの状況が許せば、他科入院中の患者さんも糖尿病教室へ参加して頂いています。糖尿病患者数の増加と共に、他の疾患で入院された患者さんが糖尿病を有する率が年々高くなってきています。      我々はこれらの患者さんでインスリンを含めた適切な薬剤で血糖コントロールを行い、安全な手術・治療に寄与することも重要な職務と考えており、年間360名以上の血糖管理を行い、退院時かかりつけ医への血糖コントロール状況の報告に努めています。