文字サイズ中文字サイズ大

   

ホーム > 採用情報 > 臨床研修医募集 > 研修医の学会発表

研修医の学会発表

学会報告

 

バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会で症例発表を行いました

(H29~30年度在籍) 杉田敏明

2018年3月に東京で開催された第23回バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会(VAIVT)で症例発表をさせていただきました。初めての学会発表でしたが、スライド作成やプレゼンテーションの仕方などについて先生方から丁寧にご指導いただき、無事に発表を終えることができました。今回の貴重な経験を活かし、この先の学会発表に臨んでいきたいと思います。

日本感染症学会西日本地方会学術集会で症例発表を行いました!

(H28~29年度在籍) 小西俊己

2016年11月に沖縄で開催された第86回日本感染症学会西日本地方会学術集会で症例発表をさせていただきました。初めての発表ということもあり不安もありましたが、分かりやすいスライド作成、プレゼンテーションの仕方など、様々な面で共同演者の先生のご指導をいただいて無事に発表を終えることができました。これからも発表の機会はあると思うので今回の経験を生かしていきたいと思います。

先生方のご指導の元、初めての学会発表を乗り越えることができました!!

(H27~28年度在籍) 水流大尭

2015年9月に大牟田で開催された第34回福岡救急医学会で症例発表をする機会を頂きました。初めての発表ということもあり不安もありましたが、抄録の添削や簡潔で分かりやすいスライド作成、効果的なプレゼンテーションの仕方など、様々な面で先生方のご指導を頂いて無事に発表を終えることができました。日頃の研修だけでは経験することのできない貴重な経験ができたと思います。次回の発表ではより良い発表ができるよう日々精進していきます。

先生方の丁寧なご指導のもと、初めての学会発表を乗り越えました

(H26~27年度在籍) 安宅映里

今年の3月、東京・津田ホールで開催されたバスキュラーアクセスインターベンション治療研究会で発表する機会がありました。初めての発表であり、緊張しましたが、効果的なプレゼンテーションから論文の引用の仕方までしっかりご指導いただき、無事に研究会を終えることができました。また次の機会にはよりよい発表ができるよう精進したいと思います。

日頃の診療にも役立つ考察力を得られ、良い学会発表となりました。

(H25~26年度在籍) 林康代

第5回日本Acute Care Surgery学会学術集会(東京)と第11回日本乳癌学会九州地方会(福岡)にて発表させて頂きました。前者では実際に経験した腎外傷の症例をもとに腎外傷の損傷タイプと治療法について検討しました。発表することで症例のフィードバックができ、疾患について深く考察することができました。他の演者の発表も大変勉強になり、質疑応答が活発に行われており刺激を受けました。発表前は緊張と不安でいっぱいでしたが、先生方の質問に自分なりに答えることでより考察が深まり、日頃から考え続けることの大切さと面白さを実感しました。指導医の先生方にはご多忙中にもかかわらず、大変熱心にご指導して頂き深く感謝しております。

大変実りある学会発表となりました。

(H24~25年度在籍) 山口怜子

第十一回九州外科学術講演会、第五十回九州外科学会と二回の学会発表の機会を頂きました。指導医の先生方にはスライドの作り方やプレゼンテーションの仕方など丁寧に教えていただきました。今回、九州外科学会は沖縄開催であったにもかかわらず、研修中の科の先生には快く送り出していただき本当に感謝しています。発表を行うことによって症例を深く学ぶことができ、また質問をしていただくことで別の視点から考えることが出来ました。