文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 新着情報

新着情報

新着情報

2018年5月11日

馬出公民館にて健康講座を行いました

 平成30年5月10日(木曜日)福岡市東区にある馬出公民館にて、
「膝と腰の痛み」というテーマで、無料健康講座を行いました。
当院の整形外科第2科長 入江医師が、普段感じている自覚症状
などについて、スライドを使用しながら説明を行いました。

          

参加された方々は、興味深く聴講されていました。
無料健康講座をご希望の際には、地域医療連携室へお気軽にお問い合わせください。 

 

2018年5月1日

第5回 福岡市民病院緩和ケア研修会について

福岡市民病院『緩和ケア研修会』に参加される方は下記をご確認ください。

 

開 催 日:平成30年7月7日(土)13:00 ~ 18:30(時間厳守)
            ※ 受付開始 12:30 ~

開 催 地:福岡市民病院 救急診療棟2階  講堂

対    象:12名(がん診療に携わる医師又は3年以上のがん医療に携わる医療従事者)

参加要件:本研修会前に、座学部分のe-learningを修了すること。
              ※ e-learningサイトページのURLは以下になります。
                   案内に沿って学習してください。
                   http://www.jspm-peace.jp

参 加 費:無料(但し、茶菓費として、当日1,000円を徴収いたします)   
            ※申込後、参加が難しくなった場合は、直ちに下記連絡先までご連絡ください。

 

●連絡先●    地方独立行政法人福岡市立病院機構 福岡市民病院 
                   地域医療連携室  担当 河野・西岡【TEL:092-632-3430】

 

2018年4月26日

第37回東部オープンカンファレンスのご案内

下記のごとく、第37回 福岡東部オープンカンファレンスを開催いたします。
今回のテーマは、「その薬の使い方、大丈夫?」です。昨年6月厚生労働省から
「抗微生物薬適正使用の手引き」が出されました。
今回は抗微生物薬の適正使用を中心に、薬剤の併用禁忌など、薬剤に関係す
るMRMについて皆様と考えてみようと思っています。
貴院の医療従事者の方々にもお声掛けをしていただき、多数の方々にご参加
いただければ幸いです。
 
【日時】平成30年6月4日(月曜日) 19:00~20:30
【場所】博多サンヒルズホテル (福岡市博多区吉塚本町13番55号)
 
   テーマ【その薬の使い方、大丈夫?   (日本医師会生涯教育講座1.5単位)
①その薬の投与、大丈夫?---薬のMRM総論    【コード7:医療の質と安全】
医療安全管理者 香西 江利子
②その薬の処方、大丈夫?---プレアボイドから     【コード10:チーム医療】
主任薬剤師 倉田 賢生
③その抗微生物薬の使い方、大丈夫?---「抗微生物薬適正使用の手引き」から    【コード28:発熱】
感染症内科科長代理 斧沢 京子
 
* 医師の方は、受付の際に、医籍番号又は生年月日をご記入ください。
    (『参加証(ピンク色)』の配布は廃止となっております。)
* 受付にて会場整理費500円を徴収させていただきます。軽食をご用意しております。
* 会場準備の都合上、5月25日(金曜日)までにFAX(092-632-3431)でご連絡をいただけると幸いです。
 
【お問い合わせ先】地方独立行政法人 福岡市立病院機構 福岡市民病院 地域医療連携室
                電話:092-632-1111(代表)
【主催】福岡市民病院・福岡市医師会
【共催】博多区・東区・粕屋医師会

 

2018年3月23日

ホスピタルアート作品が寄贈されました

フラワーデザインの世界大会で、日本人で初めて最優秀賞を受賞された
フラワーデザイナーの今橋 玲子様から、当院に対して患者を癒す効用がある
と言われているホスピタルアート作品が寄贈されました。
1階の正面玄関ロビーに4月4日(水)から展示予定です。

 

作品名『おだやかな光』
心の中に落ちついた、穏やかな光が降りそそぎ、不安が取りのぞかれ、
明るい気持ちになれる空間を創り出せるように願いを込めた作品です。
伸びやかな竹炭の清浄な趣きと桃金色の和紙が織りなす穏やかな光
菊の円い形と鮮やかな緑が気持ちを引立て明るくしてくれると思います。

 

【ホスピタルアートとは】
医療施設に芸術作品があることで、病気治療の促進・患者の苦痛やストレスの緩和、
患者の総合的な幸福の増進といった様々な効用が期待できるというものです。

 

2018年3月22日

平成29年度スプリングコンサートを開催しました

平成30年3月20日(火)15:00より、院内1階ロビーにて、福岡大学混声合唱愛好会
プレミエールコールの皆さんによるスプリングコンサートを開催しました。

今回は、「群青」、「君をのせて」、「Progress」、「つながり」や
アンコール曲も披露してくださり、暖かなひとときを与えてくれました。

                        

3月にしては寒い日でしたが、会場の皆さんの心もきっと温かになった
のではないかと思います。
来年度も積極的にCSコンサートを開催していきたいと思います。
 

2018年1月24日

第36回東部オープンカンファレンスのご案内

下記のごとく、第36回 福岡東部オープンカンファレンスを開催いたします。
今回のテーマは、「昔は常識、今は非常識」の第2弾です。昔は普通に行われていた診断法や治療法
は大きく変わってきました。‘温故知新’---なぜ昔はそうだったのか、なぜ変わったのかを知ることは
最新の診断法、治療法などを理解するうえで大きな助けとなると考えられます。
今回は救急科領域、内科領域、外科領域からいくつか焦点を当てて、皆様と一緒に勉強したいと考えています。
貴院の医療従事者の方々にもお声掛けをしていただき、多数の方々にご参加いただければ幸いです。
 
【日時】平成30年3月5日(月曜日) 19:00~20:30
【場所】博多サンヒルズホテル (福岡市博多区吉塚本町13番55号)
 
   テーマ【昔は常識、今は非常識        (日本医師会生涯教育講座1.5単位)
①救急領域---インフルエンザなど    【コード28:発熱】
救急科科長 野田 英一郎
②内科領域---B型肝炎など     【コード75:脂質異常症】
診療統括部長(内科) 小柳 年正
③外科領域---創傷管理など    【コード57:外傷】
外科科長 遠藤 和也
 
* 医師の方は、受付の際に、医籍番号又は生年月日をご記入ください。
    (『参加証(ピンク色)』の配布は廃止となっております。)
* 受付にて会場整理費500円を徴収させていただきます。軽食をご用意しております。
* 会場準備の都合上、2月23日(金曜日)までにFAX(092-632-3431)でご連絡をいただけると幸いです。
 
【お問い合わせ先】地方独立行政法人 福岡市立病院機構 福岡市民病院 地域医療連携室
                電話:092-632-1111(代表)
【主催】福岡市民病院・福岡市医師会
【共催】博多区・東区・粕屋医師会

 

2017年12月22日

平成29年度ハンドベル クリスマスコンサートを開催しました

平成29年12月22日(金)15 時より、1階ロビーにて、ハンドベル
クリスマスコンサートを開催しました。
雙葉中学校・高等学校ハンドベル部の皆さんをお迎えし、
妖精のような清らかな音色を聴かせていただきました。

      

会場の皆さんが一つになり、冬の寒さも忘れるくらい、
温かな気持ちになりました。

雙葉中学校・高等学校ハンドベル部の皆さんの、
さらなるご活躍をお祈りしたいと存じます。

 

2017年12月15日

平成29年度クリスマスコンサートを開催しました

平成29年12月14日(木曜日)15時より、1階ロビーにてクリスマスコンサートを開催しました。

吉田診療統括部長の力強く、ユーモア溢れるトランペットなどの演奏、
笠和子先生の澄んだ歌声、牟田直美様とコーロシエーネ&コーロソレイユの皆様
による美しいコーラス、オカリナの演奏に、穏やかなひとときを楽しみました。

   

           

来週22日(金)15時からは、ハンドベルのコンサートを開催予定です。

お時間の許す方は、ハンドベルの素敵な音色を聴きに来られてみませんか。

 

2017年11月13日

第17回TQM大会を開催しました

平成29年11月10日(金)に第17回TQM大会を院内講堂で開催しました。
TQMとは、全体(Total)で医療サービスの質(Quality)を経営的に
向上させる(Management)ということです。医療現場へのTQM導入
に伴い、良質の医療サービスを患者満足度向上や医療安全の推進に
役立てる取り組みが増え、その成果が実現されるようになりました。

TQMには9つのプロセスがあります。
  1. テーマの選定
  2. 現状把握
  3. 目標設定
  4. 要因解析
  5. 要因検証
  6. 対策立案
  7. 効果の確認
  8. 歯止め標準化
  9. まとめの作業

毎年2月にキックオフ宣言をし、約1年かけて活動を行います。TQM大会の
発表は1チーム6分と短いですが、この6分間にチーム業績が集約されています。
当院は平成12年からTQM活動に取り組んでおり、様々な活動報告があります。
今年は13チームの発表がありました。今後も、ワンステップ上を目指した
TQM活動を行っていきたいと思います。

  

 

2017年10月27日

第35回福岡東部オープンカンファレンスのご案内

下記のごとく、第35回 福岡東部オープンカンファレンスを開催いたします。
今回のテーマは、「心不全」です。高齢化社会となり、心不全が増加していますが、
冬場を迎えると、さらに増加すると思われます。
今回は九州大学医学部循環器内科教授 筒井裕之先生を特別講師にお迎えし、
心不全のチーム医療と地域連携についてご講演をお願いしています。
専門外の方にもわかりやすく、日々の診療に役立てていただけるような情報を提供して
まいりたいと思います。多くの先生方、多くの医療従事者の方々にもお声をかけていただき、
多数の方々にご参加いただければ幸いです。
 
【日時】平成29年11月27日(月曜日) 19:00~20:30
【場所】博多サンヒルズホテル (福岡市博多区吉塚本町13番55号)
 
   テーマ【心不全】        (日本医師会生涯教育講座1.5単位)
オープニング
    福岡市民病院ハートセンターの歩み
循環器内科診療統括部長 弘永 潔
一般口演  1.循環器医は心不全をこう診ている     【コード45:呼吸困難】
    (座長)循環器内科診療統括部長 弘永 潔
        心不全の薬物療法
循環器内科医師 有村 貴博
        心不全の非薬物療法
循環器内科医師 長山 友美
一般口演  2.心不全の看護     【コード73:慢性疾患・複合疾患の管理】
    (座長)看護部長 塚﨑 惠子
        ナースが病棟で行う退院指導
8階看護師長 田島 夕起
特別講演
    (座長)院長 竹中 賢治
        心不全のチーム医療と地域連携     【コード10:チーム医療】
九州大学医学部循環器内科教授 筒井 裕之 先生
 
* 医師の方は、受付の際に、医籍番号又は生年月日をご記入ください。
    (『参加証(ピンク色)』の配布は廃止となっております。)
* 受付にて会場整理費500円を徴収させていただきます。軽食をご用意しております。
* 会場準備の都合上、11月17日(金曜日)までにFAX(092-632-3431)でご連絡をいただけると幸いです。
 
【お問い合わせ先】地方独立行政法人 福岡市立病院機構 福岡市民病院 地域医療連携室
                電話:092-632-1111(代表)
【主催】福岡市民病院・福岡市医師会
【共催】博多区・東区・粕屋医師会