文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 新着情報

新着情報

新着情報

2012年2月2日

第12回 福岡東部オープンカンファレンスのご案内

第12回 福岡東部オープンカンファレンスを、下記のごとく開催致します。

今回は、“あぶない腹痛”をテーマに、外来での診察のポイント、画像診断、治療について皆様と一緒に考えてみたいと思います。

専門外の方にもわかりやすく、実際の診療にお役に立てていただけるような情報を提供してまいりたいと思いますので、医師だけでなく、コメディカルの方々にもお声をかけていただき、より多くの方々のご参加をいただければ幸いです。

  日時:平成24年3月5日(月曜日)19:00~20:30

  場所:博多サンヒルズホテル(〒812-0046 福岡市博多区吉塚本町13番55号 TEL.092-631-3331)

 

              テーマ【あぶない腹痛】 

“あぶない腹痛”の診断
①救急外来での診察のポイント     ICU・救急部科長  奥山 稔朗
②画像診断---単純X線写真、CT 放射線科診療統括部長  吉田 喜策
“あぶない腹痛”の対処法
③肝、胆、膵疾患 外科科長(肝胆膵センター)  内山 秀昭
④消化管、腹膜疾患 外科科長(消化器センター)  川中 博文

 

*今回の演題の内容に関して、ご希望やご質問がございましたら、当日、質疑応答等をしたいと考えています。
* 軽食をご用意いたしております。会場整理費500円を徴収させていただきます。
* 会場整理費会場等の準備の都合上、2月27日(月曜日)までにFAX(092-632-3431)でご返事をいただけると幸いです。
* 日本医師会生涯教育講座1.5単位取得できます。(カリキュラムコード:28 発熱,51嘔気,嘔吐,53腹痛)
 

【お問い合わせ先】地域医療連携室 室長 吉田 喜策
電話:092-632-1111(代表)E-mail:yoshida.k@fcho.jp

【主催】 福岡市民病院・福岡市医師会
【共催】 博多区医師会・東区医師会・粕屋医師会

 

2012年2月2日

第36回 院内救急症例検討会のお知らせ

下記のごとく、第36回院内救急症例検討会を開催いたします。

今回は、CPC1症例と救急症例2例です。

多数のご参加をお願い致します。

 

【日時】:平成24年2月6日(月)18:00~19:00

【場所】:福岡市民病院2階講堂

 

 第1部:CPC   九大形態機能病理学分野  相島 慎一

 『クモ膜下出血の術後経過中に腹腔内出血を生じた1例』  脳神経外科(初期研修医)和田あかり

第2部:救急症例検討会

 1. エコノミークラス症候群の1例                       循環器内科  田中 敬士

 2. 肝細胞癌破裂に対して血管塞栓術後、外科的治療を施行した1例  外科  枝川 愛

 

次回の第37回救急症例検討会は、

平成24年5月7日(月曜日)18:00~19:00、福岡市民病院2階講堂にて開催予定です。

 

その他の勉強会;

 ★第37回「恥ずかしくて今さら聞けない」勉強会:テーマ未定

   平成24年4月9日(第2月曜日)18:00~19:00、福岡市民病院2階講堂

 ★第12回福岡東部オープンカンファレンス:テーマ「あぶない腹痛」

   平成24年3月5日(第1月曜日)19:00~20:30、博多サンヒルズホテル

 

【お問い合わせ先】福岡市民病院  地域医療連携室  Tel:092-632-3430

 

2012年1月23日

看護研究発表会のお知らせ

2月10日(金)に院内看護研究発表会を開催致します。

興味のある方は、是非ご参加の程をお願いします。

皆さまのご参加をお待ち致しております。

詳細はこちら

 

準備の都合上、事前にご連絡いただければ幸いです。

     【連絡先】福岡市民病院 Tel:092-632-1111  看護部 前原

 

2012年1月18日

ロボットショーを開催しました

平成24年1月17日(水曜日)15時より、当院2階の講堂にて、福岡市ロボスクエア様による『ロボットショー』を開催しました。

「アザラシロボット パロ」、「犬型ロボット アイボ」、「黒田節ロボット」、「お掃除ロボット ルンバ」、「会話型ロボット」などといった、福祉・介護などの場で活躍が期待されているロボットたちの紹介や利用体験がありました。

 

          

 

入院患者さんや外来患者さんたちもロボットとふれあって頂きましたが、笑顔で楽しそうにしていらっしゃる様子を見て、ロボットには癒しの効果もあるのだなぁと実感しました。

 

   

 

福岡市ロボスクエア様によると、“福祉・介護向けのロボットの開発は、日々進化している”とのことで、我々医療関係者としても、さらなる躍進を期待したいところです。

 

2011年12月28日

第36回「恥ずかしくて今更きけない」勉強会のお知らせ

第36回「恥ずかしくて今更きけない」勉強会を下記のごとく実施します。

今回は、第1、第2月曜日は休日のため、第3月曜日開催です。

多数のご参加をお願い致します。

 

『日時』:平成24年1月16日(月曜日) 18:00~19:00

『場所」:福岡市民病院 2階講堂

テーマ:【消化管】

講師:髙橋 誠 内科医師

 

※「恥ずかしくて今更きけない」勉強会、院内救急症例検討会、福岡東部オープンカンファレンスは、基本的には第1月曜日です。

 

 「恥ずかしくて今更きけない」勉強会世話人:吉田 喜策、主催:福岡市民病院 教育研修委員会

 

【お問い合わせ先】福岡市民病院  地域医療連携室  Tel:092-632-3430

 

2011年12月22日

クリスマスソングコンサートを開催しました

平成23年12月21日(水)15時より、院内1階ロビーにて、毎年恒例の、クリスマスソングコンサートを開催しました。

 

吉田診療統括部長(放射線科.医師)によるファンファーレで幕開けし、「笠 和子先生(元当院医師)」と「牟田 直美様と歌の仲間」によるステキなデュエット曲に聞きほれました。

 

   

 

また、『きよしこの夜』や、『もろびとこぞりて』、『ホワイト・クリスマス』などを患者さんたちとみんなで合唱しました。

 

   

 最後に、笠先生及び、牟田直美様と歌の仲間の皆様へ、たけなかサンタ(竹中院長)より感謝状をお渡ししました。

 

1年最後のビッグイベントは、今年も、明るく楽しい、活気あふれるひとときとなりました。

来年もみなさまにとって良いお年となりますように☆彡

 

2011年11月28日

第5回福岡メディカルラリー 優勝!!

平成23年11月26日(土)、福岡市天神地区で開催された、第5回 福岡メディカルラリーに参加しました。

当日は、前日までの肌寒さから一変し、秋晴れの気持ちの良い一日でした。

「メディカルラリー」とは、突然発生する大事故や集団災害に対処するために、常日頃から訓練を行っている医師、看護師、救急救命士により構成された救急医療チームが、想定された事故に基づいて発生した模擬患者に対し救急活動を行い、その技術を競い合うというものです。

福岡市民病院からは医師2名(卒後臨床研修医1年次及び2年次)、看護師2名、そして、筑紫野太宰府消防本部から救急救命士2名が、タッグを組み、白熱した救命処置を繰り広げました。

チーム名は「とびうめ4’」です。全17チームが参加しました。

交通事故を想定したステーションや、地下駐車場で予期せぬ事故発生っ!など、日々の診療の中では体験できないような状況ばかりでしたが、改めて、救命処置の迅速さ・的確さが大切であると実感しました。

 

    

 

           

 

当院では、卒後救急医療の教育の一環として、卒後臨床研修医1年次と2年次の各1名が出場しました。

他のチームより若いメンバーでの参加となりましたが、日常の訓練が実り、ついに念願の優勝という大健闘を果たしました!

今後も、本年の功績に甘んじることなく、より良い救急チームを結成し、積極的に参加していきたいと考えています。

 

2011年11月16日

第11回 福岡東部オープンカンファレンスのご案内

秋冷の候,皆様方におかれましては、ご健勝のこととお喜び申し上げます。
今回は、“血管”をテーマに,腎動脈狭窄症の診断/治療,閉塞性動脈硬化症の診断/治療,腹部大動脈瘤に対するステントグラフト治療(EVAR)を中心に,皆様と一緒に血管病変について考えてみたいと思います。四肢血管や腎動脈の血管超音波検査の実演も予定しております。
専門外の方にもわかりやすく,実際の診療にお役に立てていただけるような情報を提供してまいりたいと思いますので,医師だけでなく,コメディカルの方々にもお声をかけていただき,より多くの方々のご参加をいただければ幸いです。
 
日時:平成23年12月5日(月曜日) 19:00~20:30
場所:博多サンヒルズホテル
    〒812-0046 福岡市博多区吉塚本町13番55号 TEL.092-631-3331 
 
 
テーマ 【血管】
 

①腎動脈狭窄症の診断と治療について 循環器内科(心血管カテーテル室長)   弘永 潔
②腎動脈,四肢血管の超音波検査の実際-講演と実演 検査科(血管診断技師)小島 真由美
③血管外科における血管内治療-閉塞性動脈硬化症と腹部大動脈瘤

外科(血管外科・透析センター長)     江口 大彦

*今回の演題の内容に関して、ご希望やご質問がございましたら、当日、質疑応答等をしたいと考えています。
* 軽食をご用意いたしております。会場整理費500円を徴収させていただきます。
* 会場整理費会場等の準備の都合上、コメディカルの方も含めて11月28日(月曜日)までにFAX(092-632-3431)でご返事をいただけると幸いです。
* 日本医師会生涯教育講座1.5単位取得できます。(カリキュラムコード:62 歩行障害,74 高血圧,84その他)
 

【お問い合わせ先】地域医療連携室 室長 吉田 喜策
電話:092-632-1111(代表)E-mail:yoshida.k@fcho.jp
【共催】 福岡市民病院・福岡市医師会・博多区医師会・東区医師会・粕屋医師会

 

2011年11月14日

第11回TQM発表大会を開催しました。

TQM(Total Quality Management)とは、日本語訳では、総合的品質管理であり、文字通り、組織をあげて品質管理の推進を行う活動のことです。

「品質向上」「顧客満足度向上」に関する手法を、総合的かつ組織的に展開し、従業員の総力を結集して実力向上することを目指しています。

 

2011年11月11日(金曜日)に開催した、第11回 TQM発表大会では、12件の発表がありました。

  

            ~手術室の看護師の発表風景~

 

  

 ~ベストTQM賞は、血管外科・透析センターの、「透析改革Part2」でした。~

 

TQM活動により、組織体質の強化や、品質の良い製品・サービスが提供され、お客様(患者様)の満足度が向上し、それが結果的に組織の発展につながるよう、今後も努めていきたいと思います。

 

2011年11月2日

第35回 院内救急症例検討会のお知らせ

下記のごとく、第35回院内救急症例検討会を開催致します。

 今回はCPCが1症例と救急症例が2症例です。

多数のご参加をお願い致します。

【日時】:平成23年11月7日(月)18:00~19:00

【場所】:福岡市民病院 2階講堂

 

CPC:肺血栓塞栓症様の病態にて来院したPTTM

(pulmonary tumor thrombotic microangiopathy)と思われた1例

循環器内科

田中敬士

ギラン・バレー症候群の1例

神経内科 

芥川宜子

外傷性脾破裂の1例

外科 

和田あかり

 

次回の第36回救急症例検討会は、

平成24年2月6日(月曜日):福岡市民病院 2階講堂 18:00~19:00予定です。

その他の勉強会予定

★第36回「恥ずかしくて今さら聞けない」勉強会:テーマ「消化管」

 平成24年1月16日(月曜日):福岡市民病院2階講堂 18:00~19:00

★第11回福岡東部オープンカンファレンス:テーマ「血管」

 平成23年12月5日(月曜日):博多サンヒルズホテル 19:00~20:30

 

【お問い合わせ先】福岡市民病院  地域医療連携室  Tel:092-632-3430