文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 新着情報

新着情報

患者の皆様へ

2011年9月28日

奈良屋公民館にて、無料健康講座を開催

平成23年9月27日(火曜日)、福岡市博多区奈良屋町にある奈良屋公民館にて、

『腰痛・膝痛』というテーマで、無料健康講座(出張セミナー)を開催致しました。

当院の、整形外科 入江 努 医師が講師として、腰痛・膝痛予防のストレッチ方法の写真を活用しながら、わかりやすく説明しました。

参加者の方から質問も出て、講座終了後も積極的に個別質問をする姿も見られました。

 

   

 

また、当院のリハビリテーション室 理学療法士 小山田 耕太郎氏が、簡単なストレッチ方法を紹介し、参加者の方々と一緒に実演しました。

 

   

 

今回、約60名という、多くの方々にご参加頂きました。

今後も、積極的に、地域の方々の元へ、出張セミナーに伺いたいと思っています。

 

2011年9月26日

席田公民館にて、無料健康講座を開催

平成23年9月22日(木曜日)、福岡市博多区にある席田公民館にて、

『脳卒中にならないために』というテーマで、出張セミナー(高齢者教室)を開催致しました。

当院の、脳神経・脳卒中センター 診療統括部長 平川 勝之 医師が、

病気の説明や、脳卒中にならないための10カ条などについてスライドを使用しながら、丁寧にわかりやすく説明しました。

 

  

皆さん、熱心に話を聞いて頂き、また、質問も多く出て、講座終了後、個別相談の時間を設けました。

参加者の方々の健康への関心が高く、最後まで楽しい講座となりました。

 

2011年9月2日

初めての臨地実習(基礎看護学)開始。笑顔で頑張りましょう!!

8月29日(月)から、福岡女学院看護大学2年生16名が実習を開始しました。
 
 
       
 
 
 
看護専門職としての役割や責任を考える第一歩である初めての実習です。
患者様の日常生活行動の観察やコミュニケーションを通して、患者様との関係を築き、
自己洞察を深め、看護専門職としての基本的態度を養えるよう学びを深めてほしいと思います。
私たちは先輩看護師として実習が有意義なものとなるようサポートしていきます。

                                               

2011年8月30日

西宮市立中央病院の方々が視察に来られました

平成23年8月29日(月)、兵庫県西宮市にある西宮市立中央病院の方々が、当院の視察のため、お見えになりました。

視察に来られた方:兵庫県西宮市市長 河野 昌弘 様

             西宮市立中央病院院長 左近賢人 様

             西宮市立中央病院経営企画グループ長 海部 康 様

当院視察の目的:病院経営改革などについて

 

竹中院長はじめ、塚﨑看護部長、是永副院長、独立行政法人福岡市立病院機構の職員など万全態勢でお迎えし、

当院の経営改善全般等についてお話をし、また、当院のICU(集中治療室)やSCU(脳卒中ケアユニット)など院内をご案内させていただきました。

約3時間という短い時間ではありましたが、微力ながら、お力になれていたなら幸いです。

       

 

2011年8月30日

第5回 県民公開医療シンポジウム

平成23年8月27日(土) 13:00~15:30に、福岡市中央区にある都久志会館にて、

第5回 県民公開医療シンポジウム 「みんなで語ろう災害医療 ~東日本大震災に学ぶ~」

が、社団法人 福岡県病院協会 主催で開催されました。

当院の竹中 賢治院長が座長となり、下記の内容のシンポジウムが行われました。

 

東日本大震災における医療活動について

講師:野田 英一郎 先生

   (九州大学病院救命救急センター 診療講師)

福島原発事故の健康リスクについて

講師:山下 俊一 先生

   (長崎大学大学院医師薬学総合研究科 原爆後障害医療研究施設 教授)

医療における生活支援

講師:大垣 京子 先生

   (福岡県医療ソーシャルワーカー協会 会長)

福岡地区における災害時の病院の受け入れについて

講師:村中 光 先生

   (独立行政法人国立病院機構九州医療センター 院長)

  

         

 

このシンポジウムを通して、災害医療の在り方等について学べ、今後の活動に活かしていきたいと思います。

最後になりましたが、改めて、この震災で被害にあわれた方々に哀悼の意を捧げますとともに、被災され避難生活を送っておられる方々に心からのお見舞いを申し上げます。また、一日も早い復興をお祈り申し上げております。

 

2011年8月19日

CSコンサート ~福岡大学混声合唱団プレミエールコール~ を開催!

平成23年8月18日(木) 15:00より、院内1階ロビーにて、CSコンサート ~福岡大学 混声合唱団 プレミエールコール~ を開催しました。

 

福岡大学 混声合唱団のみなさんが、今年も、素晴らしい歌声を披露してくださり、ひとときの癒しの時間となりました。

 

4曲の歌を披露して頂きましたが、素敵な時間ほど短く感じられるもので、あっという間に時間は過ぎてしまいました。最後には、患者さんからも、アンコールの声があがっていました。

 

 

 

当院では、定期的に、院内でCSコンサートを開催しております。

当院でのCSコンサート開催をご希望の方は、ご連絡ください。

 

2011年8月11日

中学生の職場体験学習を受入れました

将来、看護師を目指したいと希望している、博多女子中学2年生 5名の皆さんに当院での職場体験学習を経験して頂きました。

職場体験学習の目的としては、以下の内容でした。

  1. 社会や職場に対する視野を広め、仕事内容を内からとらえる

  2. 自分の将来に関しての適正を見極め、進路選択の参考とする

  3. 学外での礼儀作法の実践を通し、自らの言動を見直し人間的成長を図る

                                     

明るく元気な礼儀正しい13歳から14歳の中学2年生で、将来の夢や目標をしっかり持ち職場体験に臨む姿勢に感心しました。

8月3日・4日の2日間の体験内容として、病院見学(施設・職種)、医療機器・看護用品の説明、看護ケアの見学体験(血圧測定・包帯法…)、患者様とのコミュニケーション、車椅子体験、一次救急処置訓練など…を通して、看護師の仕事内容を体験学習して頂きました。

   

終了後、参加した中学生の感想として、「おかげで、私の夢への第一歩になりました」「二日間の体験で色々とチャレンジでき、とても良かったです」「充実した学習でした」「看護師の道にチャレンジしたい。これから勉強に取り組みたい」など、とても嬉しい言葉を頂きました。

                                                  

 当院では、毎年5月の『看護の日』に、高校生を対象に「ふれあう看護体験」を受け入れています。

これからも、看護師を目指したいと希望している将来の後輩達の為に、精一杯努力していきたいと思います。

当院での看護体験をご希望の方は、ご連絡ください!!

                                     

 

2011年8月3日

CSコンサートを開催しました

平成23年8月3日(水) 15:00より、院内1階ロビーにてCSコンサートを開催致しました。

 

  今回のテーマは、  『韓(感)じてみよう韓国文化』 です。

 

福岡県立 博多青松高等学校 アジアカルチャー同好会の学生さんが、

韓国の衣装(チマチョゴリ)を着て、ハングル文字・韓国衣装等の韓国文化の紹介や、

元気いっぱいの韓国&日本の歌を披露してくださいました。

 

        

    

 

入院患者さんも多数出席していただき、みんなで元気よく合唱する等して、とても充実した楽しい時間となりました。

 

  

 

2011年5月31日

被災者支援派遣 壮行会

平成23年5月30日、東日本大震災 被災者支援派遣 壮行会を行いました。
福岡市からの要請により、当院からは、管理栄養士1名が派遣されます。6月2日から6月10日まで、宮城県石巻市にて、被災者の方々への栄養指導に当たります。

≪派遣先≫
宮城県石巻市

≪当院からの派遣メンバー≫
【管理栄養士】青柳 珠美(係長)

 

2011年5月13日

未来のナイチンゲール  ~ ふれあい看護体験・一日病院見学 ~

はじける笑顔の高校生12名が5月12日 ふれあい看護体験に参加しました。
「さらに看護師への道を決意した一日になった。」との感想が聞けました。

准看護師を目指して、4月に入学した福岡医師会 看護専門学校 高等課の学生53名です。
当院での一日病院見学(5月13日実施)を通して、「学校で学んだ病院の環境を臨地で体験できました。」と感想が聞けました。これからの成長を期待しています。