文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 新着情報

新着情報

医療関係者へ

2020年10月13日

第44回福岡東部オープンカンファレンスのご案内
新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、開催を延期しておりました福岡東部オープンカンファレンスですが、
下記のごとく、この度Webにて開催することといたしました。
今回のテーマは、3月に予定していた「昔は常識、今は非常識 第3弾」になります。
いまや病院には欠かせない、昔はなかった臨床工学技士の仕事、創傷や褥瘡の処置の変化、肝胆膵外科治療
について、最新の情報をお届けしたいと考えております。
今回は、Webでの開催ですので、これまで場所や時間の都合でご参加できなかった方々含め、
多くの医療従事者にご参加いただければ幸いです。
 
【日時】令和2年11月9日(月曜日) 18:30~20:00
【開催方式】Cisco WebexのEventsシステムにてセミナー方式で開催致します。
            セットアップのURL:https://cistec.webex.com/cistec-jp/ecsetup.php?frommail=1
          カメラやマイクの準備が出来ない場合でも参加は可能になります。
         (ご質問等は、システム内のQ&Aで受け付け可能です。)
【参加料】無 料(人数制限なし)
※受講者様の出席のログを確認して、単位の付与が可能となりますが、複数名で1台の端末を視聴しても、
ログインした1名のみの付与となりますのでご注意ください。
 
 テーマ:【昔は常識、今は非常識 第3弾】
   (日本医師会生涯教育講座1.5単位)
1. 昔はなかった臨床工学技士---臨床工学技士の仕事とは
    (コード10 : チーム医療) 
臨床工学副技士長  八代 拓也
2. 創傷治療、褥瘡管理の昔と今
    (コード58 : 褥瘡)
 皮膚・排泄ケア認定看護師      仲谷 真一朗
3. 最新の肝胆膵外科治療
    (コード53 : 腹痛)
肝臓外科科長      二宮 瑞樹
 
※申し込みの締め切りは11月2日(月)までとさせて頂きますのでご了承ください。
 
【お問い合わせ先】地方独立行政法人 福岡市立病院機構 福岡市民病院 地域医療連携室
                電話:092-632-1111(代表)
【主催】福岡市民病院・福岡市医師会
【共催】博多区・東区・粕屋医師会