文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 新着情報

新着情報

医療関係者へ

2018年1月24日

第36回東部オープンカンファレンスのご案内
下記のごとく、第36回 福岡東部オープンカンファレンスを開催いたします。
今回のテーマは、「昔は常識、今は非常識」の第2弾です。昔は普通に行われていた診断法や治療法
は大きく変わってきました。‘温故知新’---なぜ昔はそうだったのか、なぜ変わったのかを知ることは
最新の診断法、治療法などを理解するうえで大きな助けとなると考えられます。
今回は救急科領域、内科領域、外科領域からいくつか焦点を当てて、皆様と一緒に勉強したいと考えています。
貴院の医療従事者の方々にもお声掛けをしていただき、多数の方々にご参加いただければ幸いです。
 
【日時】平成30年3月5日(月曜日) 19:00~20:30
【場所】博多サンヒルズホテル (福岡市博多区吉塚本町13番55号)
 
   テーマ【昔は常識、今は非常識        (日本医師会生涯教育講座1.5単位)
①救急領域---インフルエンザなど    【コード28:発熱】
救急科科長 野田 英一郎
②内科領域---B型肝炎など     【コード75:脂質異常症】
診療統括部長(内科) 小柳 年正
③外科領域---創傷管理など    【コード57:外傷】
外科科長 遠藤 和也
 
* 医師の方は、受付の際に、医籍番号又は生年月日をご記入ください。
    (『参加証(ピンク色)』の配布は廃止となっております。)
* 受付にて会場整理費500円を徴収させていただきます。軽食をご用意しております。
* 会場準備の都合上、2月23日(金曜日)までにFAX(092-632-3431)でご連絡をいただけると幸いです。
 
【お問い合わせ先】地方独立行政法人 福岡市立病院機構 福岡市民病院 地域医療連携室
                電話:092-632-1111(代表)
【主催】福岡市民病院・福岡市医師会
【共催】博多区・東区・粕屋医師会