文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 患者の皆様へ > 病診連携のしくみ

病診連携のしくみ

「病診連携」とは、高度な医療設備や専門性のある技術を持った地域の基幹病院と患者さんの身近にある地域の「かかりつけ医」(医院・診療所等)がお互いの長所を生かして連携しながら、病気の治療や早期発見に努めることを目的とするネットワークのことです。

1.体調が悪かったり、何か気になるとき、
 まず患者さんは日常の健康管理をされているかかりつけ医を受診されます。

2.専門的な検査や治療が必要と判断された場合、かかりつけ医から当院へご紹介をいただきます。
 この際、当院宛に「紹介状」が出されます。


3.当院で検査や入院治療が終了した場合、かかりつけ医に治療経過などの情報を提供し、
 通院治療や往診を依頼します。(必要に応じてリハビリ等の医療機関にご紹介することもあります。)


4.このように、かかりつけ医と当院スタッフの連携により、患者さんに質の高い医療が提供されるよう
 努力してまいります。

※「紹介状」をお持ちの患者さんは「紹介患者専用受付」にお立ち寄り下さい。
・医療に関する疑問やご相談があれば、「地域医療連携室」にお気軽に声をおかけ下さい。

看護師のイラスト

地域医療連携室(専用)

TEL:092-632-3430  FAX:092-632-3431

病診連携しくみの図