文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 患者の皆様へ > 脳神経の病気


脳梗塞の治療法

血栓溶解療法とは


平成17年10月にアルテプラーゼという血栓溶解薬が日本でも使えるようになりました。この薬は脳梗塞急性期につまった血管を再開通させる画期的な薬です。今までの脳梗塞の治療は主として脳梗塞の進展を止めるのが主な機序でした。しかし、この薬は詰まってしまった血管を再開通させることが出来る薬です。うまく使えば劇的な効果が期待できます。以前にも血栓溶解療法は限られた方に行っていましたが以前は血管造影を行い、動脈内に薬を注入するため迅速に行えませんでした。しかしアルテプラーゼは静脈注射で行えるため、投与は簡単に行えるようになりました。

脳卒中の種類


ここで脳卒中について簡単に説明したいと思います。(図1)脳卒中には血管が詰まって起こる脳梗塞と、血管が破れて起こる脳出血、くも膜下出血があります。また、脳梗塞もラクナ梗塞、アテローム血栓性梗塞、心原性脳塞栓症とあり、それぞれに原因と治療法が異なります。血栓溶解療法の対象となるのは血管が詰まって起こる脳梗塞です。

図1

アルテプラーゼの適応


この薬は画期的な効果が期待できますが、誤って使用するとかえって脳出血の頻度が増えるなどの重篤な副作用が起こります。そのため、治療の適応となるかどうかを慎重に判断することが必要です。一番重要な点は発症後4.5時間以内に治療を開始しなければならないという点です(2012年10月改訂)。そのため脳梗塞になったら出来るだけ早く病院に来れるように救急車を呼ぶことが大切です。現実的には発症後3.5時間以内に来院しないとその後の検査の時間がなく使用できません。ここでいう発症時間とは、最終未発症確認時間のことであり、朝起きたら半身麻痺が起こっていたなどの場合は就寝前の時間から計算します。表にこの薬が使える人、使えない人の代表的な適応を書いてあります。これ以外にもありますが、短い時間にたくさんのことを行わなければなりません。また使用するかどうかの判断も下さなければなりません。当院では適応のある方には積極的にアルテプラーゼを使用しています。

アルテプラーゼについての図

アルテプラーゼの副作用


アルテプラーゼの副作用のうち最も重篤なものは出血性梗塞で、使用しない場合に比べて10倍の約6%の人に症候性の出血性梗塞が起こるといわれています。(図3、表2)それを考慮しても適切に使った場合、使わなかった場合に比べて3ヵ月後の予後がよかったという結果が出ています。当院では毎年10名前後の方に使用していますが、いまのところ重篤な出血を起こした方はいらっしゃいません。

図3

脳梗塞予防10か条


しかし、いったん発症してしまうとどんなに薬が効いても完全に元には戻りません。どんな病気にもあてはまりますが、予防に勝る治療はありません。特に脳卒中は予防策が効果のある病気ですので、脳卒中予防10か条を読んで予防に努めてください。

脳卒中予防十か条(日本脳卒中協会)
01. 手始めに 高血圧から 治しましょう
02. 糖尿病 放っておいたら 悔い残る
03. 不整脈 見つかり次第 すぐ受診
04. 予防には タバコを止める 意志を持て
05. アルコール 控えめは薬 過ぎれば毒
06. 高すぎる コレステロールも 見逃すな
07. お食事の 塩分・脂肪 控えめに
08. 体力に 合った運動 続けよう
09. 万病の 引き金になる 太りすぎ
10. 脳卒中 起きたらすぐに 病院へ