文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 患者の皆様へ > 脳神経の病気


脳血管疾患

脳梗塞


図1

図2

脳の血管がつまって、その先に血液が行かなくなり、脳の一部が死んでしまった状態を脳梗塞といいます。脳梗塞の起こり方には2通りあり、それぞれ脳血栓、脳塞栓と呼ばれています。これらは高齢化社会の進展に伴い増加しています。脳血栓の成因は、動脈硬化によって狭くなった血管に血液のよどみが生じ、血液が固まって血栓ができるためです。小さなものは血液の流れで押し流されてしまいますが、大きなものができると血管をつまらせることになります。これが脳血栓です。高血圧、糖尿病、高脂血症などの患者さんは動脈硬化が進みやすいので注意しなければなりません。一方、脳塞栓は、脳以外の部位でできた血栓や脂肪の塊、腫瘍細胞の塊などが、血流によって運ばれて脳の細い血管を塞いでしまうことで発症します。心臓弁膜症、心筋梗塞、心筋症、不整脈などの病気で心機能の低下した患者さんに起こりやすいですが(図2)、高血圧、糖尿病、高脂血症などの患者さんは動脈硬化のために血管が細くなっていて、つまりやすくなっていることがあるので注意しなければなりません。脳梗塞で現れる典型的な症状は半身の運動麻痺、感覚低下、手足の運動障害、しびれなどのほか、ろれつが回らなくなったり、言葉が思うように出なくなったりします。脳血栓の場合は症状が数時間から数日にかけて出現し、次第に強まることがあります。一方、脳塞栓の発作は急激に起こり、数分で重篤な状態になる傾向があります。

脳出血


図3

脳の血管が破れて脳内(脳実質内)に出血したものが脳出血です。脳溢血(のういっけつ)とも呼ばれます。この出血自体により脳実質は破壊されますが、さらに破壊をまぬがれた周囲の脳も血の固まり(血腫)や脳の脹れ(浮腫)によって圧迫され、さまざまな神経症状が起こります。脳出血で最も多いのは高血圧性脳出血です。加齢とともに動脈硬化が進んでくると、動脈の弾力性が失われます。動脈硬化した血管に高い血圧が加わると、血管が耐えられなくなり、破裂して出血することになります。このため、高血圧、高脂血症、糖尿病などを患っている患者さんは注意が必要です。出血部位や大きさによりそれぞれ症状や程度は異なりますが、一般的な脳出血の症状は、頭痛、嘔吐のほかさまざまな程度の意識障害と、いろいろな脳の局所症状が現れます。多くの場合、血腫と反対側の顔面を含む半身マヒと感覚障害が現れます。また、左側の血腫の時は失語症などの言語障害を起こすことがあります。

クモ膜下出血


図4

脳は三枚の膜によって覆われています。その中のクモ膜と呼ばれる膜の内側に出血する病気がくも膜下出血です。最も多いのが脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)(図5)の破裂によるものです。脳血管が枝分かれする部分は生まれつき血管が弱いところです。ここに高い血圧が加わると血管に瘤(こぶ)(脳動脈瘤)が生じます。出血すると突然ハンマーで殴られたような激しい頭痛と吐気、嘔吐が起こります。症状が重ければ意識は障害され、昏睡状態となったり死に至ることもまれではありません。突然、頭全体、特に後頭部やうなじにこのような強い痛みが出現し、嘔吐が現れた場合は、大至急、脳神経外科を受診することが必要です。  

どのような検査をするのですか?


図5

まず、脳卒中が疑われる患者さんに対して行なう検査はCTスキャンです。X線を使って頭蓋骨内部を輪切りにした画像を撮影することができます。脳出血の部位や大きさ、くも膜下出血の有無、脳梗塞の部位やその広がりなどを知ることができます。このCTスキャンで出血性病変か脳梗塞かの区別を行なった後、疾患ごとにさらに詳しい検査を行なっていきます。脳梗塞の場合は、MRIを行ないます。これは磁力を利用して脳の内部を検査するものです。放射線を使わないという特徴があり、脳のさまざまな角度からも調べられます。非常に早い時期での脳の虚血病変を検出したり(図1)、頭蓋内の血管が狭くなっていたり、閉塞していないか評価するのに効果を発揮します。また、超音波を用いた頚動脈エコーで脳を栄養する動脈が狭くなっていたり、閉塞していないか評価します。脳出血(図3)やくも膜下出血(図4)ではCTスキャンで出血の部位や程度を評価した後、症例ごとに検査および治療方針をたてていきます。特にくも膜下出血では脳の血管自体の評価を行い、脳動脈瘤の有無を確認する必要がありますので、造影剤を投与しながら高速CTスキャンを行なう3D-CTA(図5)や脳血管撮影検査を行ないます。脳血管撮影検査は特に脳の血管を詳しく調べる必要があるときに行ないます。脳を栄養する血管に細い管を末梢から入れて、放射線に映し出される造影剤を注入して脳の血管の形を撮影するものです。脳動脈瘤の存在や血管のどこが問題なのかを知ることができます。その他、脳卒中は多くの場合、背景に高血圧、糖尿病、高脂血症、心臓病などいろいろな病気があります。そこで、背景にある病気についてもいろいろと検査が行われます。血液検査、胸部X線検査、心電図、心エコー検査などが代表的な検査です。また、腰から針を刺して脳脊髄液を調べることが必要になることもあります。

どのような治療をするのですか?


脳梗塞の治療は、閉塞した血管の血流を再開させてしまえばよいように考えがちですが、ある程度時間がたってから血流を再開させると脳内に大出血を来たしてしまいます。したがって脳梗塞は基本的に注射薬や内服薬などのお薬を使った治療を行ないますが、当然、症例によっては血栓を積極的に溶かしたり、詰ったり細くなった血管に対して手術が必要になることがあります。くも膜下出血において、一番こわいのは再出血です。お薬で再出血を完全に予防することは不可能ですので、症例ごとに手術の方針を立てていきます。手術の目的は再出血の予防で、状態が非常に悪いときは手術治療も困難なことがあります。脳出血の場合、お薬を使った治療を原則的におこないますが、血腫が大きくて生命に危険があるときや、血腫を取り除くことで麻痺などの症状の改善が期待できるときに手術を行ないます。

後遺症がのこったらどうするのでしょうか?


運動障害、感覚障害、言語障害などに対して、適切なリハビリテーションを行うことにより、多くの場合、失われた機能のある程度の改善が期待できます。脳卒中による死亡率が著しく減少した現在、リハビリテーションの重要性はますます高まってきています。最近、発作後、症状が落ち着くと直ちにリハビリテーションに入る早期リハビリテーションが主流となっています。適切な時期に、適切なリハビリテーションが行われると後遺症は軽くなり、社会復帰への近道となります。根気強く、リハビリテーションを続けることが大切です。そのためには、本人はもちろんのこと家族による精神的なサポートが極めて重要です。当院では急性期を脱した後、安心してリハビリテーションを行なっていただける施設を御紹介する地域医療連携室を設けており、地域ぐるみでの脳卒中診療体制の確立をめざしています。当院では脳卒中の患者さんにいつでも対応でき、正確かつ適切な診断と治療を行なえるよう努力してまいります。脳卒中は場所と時間を選びません。そして脳卒中は時間が勝負です。異常を感じたら、お気軽に御相談ください。