文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 患者の皆様へ > 消化器の病気


膵臓

膵臓はおなかの奥深くにある小さな臓器で、大きく二つの役割を担っています。その一つは食べものを消化する消化酵素を出す働きで、もう一つは血糖値を正常に保つ働きです。膵臓の病気としては、膵炎や膵臓癌がよく知られています。一般的な膵臓の病気の症状は、ジクジクおなかが痛む、腰痛が時々ある、胃薬や痛み止めを飲んでもあまりよくならない、最近急に糖尿病と言われた、黄疸が出た、少し痩せてきた等があります。

膵炎

急性膵炎

膵臓の消化酵素が自分自身を消化してしまう病気で、みぞおちあたりの激しい痛み、背中へ突き抜けるような痛みが出現します。急速に病状が進行し、重篤になることもあるので、直ちに入院治療が必要です。

慢性膵炎

膵臓のあちこちにいつも炎症が起こっている状態で、慢性的におなかや背中に痛みが出現します。膵臓は本来のうごきができず、下痢を起こしたり糖尿病になってしまうこともあります。膵臓に慢性的に炎症が起こり続けると、胃薬や鎮痛剤でも収まらない痛みが出て、やせてきたりします。また脂っこい物を食べた時や、お酒を飲んだ時にジクジク痛んだり、下痢をしたりします。

膵臓癌


膵臓癌は人の体の一番奥に発生する癌で現代の医学でも大変発見しにくい癌の一つです。初期の症状は慢性膵炎の症状によく似ていて、おなかのジクジクする痛みや腰の痛みです。黄疸が出ることや、時には糖尿病として発症することもあります。

膵臓疾患の治療


一般に、急性炎症の場合は点滴治療が主体となります。慢性炎症の場合は薬物療法や内視鏡的治療が主体となりますが手術療法が必要な時もあります。膵臓癌の場合は手術療法が主体となります。しかし発見が遅れがちなために手術不能な場合も多く、その際には放射線治療法や制癌剤療法が行われます。また黄疸を減らすために内視鏡的治療法が行われることも有ります。