文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 患者の皆様へ > 救急・その他


救急・その他

血管外科治療


血管外科では、腹部大血管から内臓血管、四肢末梢の血管疾患の診療を行っています。 主な対象疾患は腹部大動脈瘤・急性および慢性動脈閉塞症・下肢静脈瘤です。

腹部大動脈瘤


腹部大動脈瘤は無症状であっても破裂すれば致命的となる疾患です。 破裂の危険性は、瘤径、瘤の形状、瘤の成因、性別などによって異なり、破裂する危険が高い動脈瘤は外科治療の適応となります。 従来、外科治療と言えば開腹手術しかなかったのですが、2008年に腹部大動脈瘤に対するステントグラフト留置術が保健適応となり、腹部大動脈瘤の外科治療は新たな時代を迎えました。 当院も2009年よりステントグラフト手術実施認定施設となり、良好な成績が得られています。 「高齢だから手術はできないと言われ、あきらめていた。」または「手術は怖いからしたくなかった。」など、今まで開腹手術の対象外となってきた方々が短期間の入院で元気に退院されています。 高齢の方や多くの持病を抱えた高リスクの方々には、大きな福音となるでしょう。

急性および慢性動脈閉塞症


四肢、特に下肢の血行障害です。歩行するとふくらはぎがこわる・だるくなると言った症状に始まり、重症化すると下肢の疼痛・壊疽に至り下肢切断を余儀なくされます。 治療法には、内科的治療(内服薬と運動療法)、カテーテル治療(バルーン血管拡張術・ステント留置術)、そしてバイパス手術があります。 当院ではこの全ての治療を血管外科医が行なっていますので、病変の部位や性状、症状の重症度に応じてあらゆる選択肢を患者さんに提示し、最適な治療法を偏りなく選択することが可能となっています。 内科的治療が功を奏さない場合は血行再建術(カテーテル治療またはバイパス手術)が必要となります。 血行再建術は内科的治療に比べて症状の速やかな改善が得られるのが特徴です。 特に、カテーテル治療の場合1泊入院で治療が可能なため、早期の社会復帰・職場復帰が可能です。 壊疽を伴う重症虚血症例に対しても、できるだけ肢切断を回避して肢を温存する方針で、足関節周囲の直径約1mmの動脈へも積極的にバイパス術を行なっています。 また、難治性潰瘍や糖尿病性壊疽などの開放創の処置には、最新の創傷治癒ツールであるVACシステム(閉鎖持続陰圧療法)を採用しています。 このように、当院には足の難治性潰瘍や壊疽に対するあらゆる外科治療のツールが準備されています。

慢性動脈閉塞症に対する自家静脈による足背動脈バイパス術の図


下肢静脈瘤


下肢静脈瘤は、患者さんの症状に応じて外科治療の必要性・有用性も変わってきます。 全ての方に弾力ストッキングや手術が必要な訳ではありません。 「ずっとストッキングをはかないといけない」とか「血栓が肺に飛ぶから手術しないといけない」など、必要以上に不安を感じて受診される方がおられます。 正しい知識を持てば決して恐れる必要のない疾患ですから、静脈瘤があって不安を感じている方は気軽にご相談下さい。