文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 患者の皆様へ > 消化器の病気


肝臓

肝臓は肋骨の裏に位置する大きな臓器で(男性で約1300g、女性で約1100g)、生体の代謝の中心的役割を担っており、とても大切な臓器です。肝臓の病気はさまざまですが、急性と慢性があり慢性の経過をたどり治療が必要になるものとして慢性肝炎、肝硬変などがあります。

慢性肝炎、肝硬変


慢性肝炎は、肝臓の慢性的な炎症により持続的に肝細胞が壊れる病気です。また肝硬変は、慢性肝炎が長期に経過した結果、肝臓に線維が入り込み(繊維化)、硬みを帯びた状態になり、そのため肝臓の働き(機能)が低下したものです。肝硬変になっても慢性肝炎は持続し、より進行した肝硬変となり、最後には肝不全に至ります。肝硬変の原因は日本ではB型またはC型肝炎ウイルスによるものが80%近くを占めています。次に多いのがアルコール性です。また、自己免疫性も増加傾向にあります。

慢性ウイルス性肝炎(B型、C型)

B型またはC型肝炎ウイルスの感染による肝炎で、肝硬変になりやすく、肝臓癌ができやすいという特徴があります。したがってウイルスそのものを排除したり増殖を抑える治療(インターフェロン、ラミブジン)、肝臓の炎症(GOT、GPTなど)を鎮静化させる治療、肝癌を長期発見するための検査(超音波検査、CT,MRIなど)が大切になります。

肝硬変

肝硬変の方が慢性肝炎よりも肝癌が生じやすく肝機能が低下している事も多いので、より短い間隔で検査、治療を行います。日常生活についての注意も必要で、まず肝機能を維持するために食後の安静に心がけましょう。適度の運動も必要で、安静ばかりでもいけません。しかし、肝機能が低下し黄疸や腹水がある場合はさらに、食事(塩分制限や、場合によっては蛋白制限)に注意も必要ですし、肝機能改善のための注射や点滴を行うこともあります。特殊なアミノ酸製剤の投与も有効なことがあります。

肝硬変の合併症

●胃・食道静脈瘤

肝硬変のため門脈(胃腸から肝臓に入り込む血管)の圧が高くなると、門脈血流の一部が肝臓を通過せずにバイパスが生じます。これが胃や食道の静脈に生じた場合を胃静脈瘤・食道静脈瘤といいます。破裂すると大出血を来し、しばしば肝硬変患者の死亡原因となります。治療として、内視鏡的治療、手術、血管造影的治療などがありますが、最近では食道静脈瘤に対しては内視鏡的治療(静脈瘤を硬化剤で固める硬化療法や結んでつぶす結紮術)が行われることが多くなりました。また、胃静脈瘤に対しては、内視鏡的治療に加え、血管造影的治療が行われる様になってきました。

●肝性脳症

肝臓で解毒しきれなかった物質・毒素が体を巡って脳に達し、意識の障害を起こすものです。直接、死に至ることはありませんが、車の運転などの注意が必要です。便秘など誘因になることを、避けることが必要です。薬では、特殊な下剤の服用、特殊アミノ酸製剤の点滴などが有効です。