文字サイズ中文字サイズ大

 

ホーム > 病院紹介 > 治験・臨床試験

治験・臨床試験

Q&A

「治験や臨床試験に参加しませんか」と先生に言われましたが、どうしてでしょうか?

治験や臨床試験には研究的・試験的側面があります。患者さんの安全に配慮した実施計画書に基づいて慎重に進められます。担当医師は、基準に合致する患者さんに情報を提供し、その中で協力して頂ける患者さんにお声かけを行っています。

治験や臨床試験に参加したいのですが、どうしたらいいでしょうか?

治験や臨床試験への参加は、目的や内容、予想される副作用等について十分に説明を受け、よく理解した上で患者さん本人の自由な意志で参加するかどうかを決めてください。

治験や臨床試験は安全ですか?

治験は新薬開発のために行われ、安全に実施するためのガイドラインが法令で定められています。実施する際には、法令遵守と公的機関及び製薬会社の監視・指導の下で行います。臨床試験は既に臨床で使用されている薬を使って最良の組み合わせや投与法を見つけるものであり、院内審査で安全と承認されたものだけが実施されます。

副作用が心配です。

市販薬・治験薬に関わらず、病気の症状に応じた効果がある反面、副作用があります。インフォームド・コンセントの際に、既にわかっている副作用については説明致しますので、その内容や頻度などを知っておいて頂けるとよいと思います。副作用や、いつもと少し違う感じがあれば早めにお知らせください。

治験や臨床試験の費用はどうなりますか?

治験薬を使用している間の治験薬代や一部のお薬代、検査代等は、治験を依頼している製薬会社が負担します。(ただし、初診料や治験終了後の診察費等は、一般の診察と同様に患者さんの負担になります。)
臨床試験は製造販売後の薬を使いますので、通常の健康保険の範囲内で行われます。(試験期間中の検査、使用薬剤等は患者さんの健康保険が適用されます。)

治験や臨床試験の途中で参加を取りやめられますか?

いつでも取りやめられます。参加を取りやめた場合にも、不利益を受けることはありません。ただ、治験薬を服用した後で参加を取りやめる場合は、安全性を確認する必要がありますので、担当医師の指示に従って頂くことになります。


※当院の治験ではコーディネーターが常勤していません。外部の治験コーディネーターの方に定期的に監査をして頂いています。