トップ  >  中期目標・計画

中期目標・計画


 地方独立行政法人制度では、設立団体の長(市長)が、法人に対して、3年から5年の期間で法人が達成すべき業務運営に関する目標を中期目標として示し、法人は中期目標に基づき、中期計画を定め、市の認可を受けて、計画に沿って運営を行うしくみとなっています。
 

 中期目標

  ・第1期中期目標(平成22年度~平成24年度)(PDF 153KB)

  ・第2期中期目標(平成25年度~平成28年度)(PDF 135KB)

  ・第3期中期目標(平成29年度~平成32年度)(PDF 131KB)

中期計画

  ・第1期中期計画(平成22年度~平成24年度)(PDF 295KB) 

  ・第2期中期計画(平成25年度~平成28年度)(PDF 216KB)

  ・第3期中期計画(平成29年度~平成32年度)(PDF 201KB)

年度計画

  ・平成22年度 年度計画(PDF 243KB) 

 

  ・平成23年度 年度計画(PDF 248KB) 

 

  ・平成24年度 年度計画(PDF 203KB) 

  

   ・平成25年度 年度計画(PDF 215KB)

 

   ・平成26年度 年度計画(PDF 239KB)

 

   ・平成27年度 年度計画(PDF 238KB)

 

  ・平成28年度 年度計画(PDF 238KB) 

 

  ・平成29年度 年度計画(PDF 234KB)

 

  ・平成30年度 年度計画(PDF 268KB)

 

  ・平成31年度 年度計画(PDF 241KB)

 

 [ 参考 ]

 地方独立行政法人と市との関係
 

 

 

(1)市は、法人が達成すべき業務運営に関する目標を中期目標として策定します。
(2)法人は、中期目標を実現するための中期計画を作成し、市の認可を受けます。
  また、各年度の計画を作成し、市に届け出ます。
(3)法人は、各年度終了後、その業務について評価委員会の評価を受けます。
(4)法人は中期目標期間終了時、中期実績報告書を市に届け出、評価委員会の評価を受けます。
(5)評価委員会は、中期目標期間の実績及び各年度の実績について評価を行い、その結果を法人に
  通知し、市に報告します。
 
 

前
基本理念・基本方針
カテゴリートップ
TOP
次
定款・各種規程など