看護部

  1. ホーム
  2. 部門のご案内
  3. 看護部
  4. 看護部長ご挨拶

看護部長ご挨拶

私たち看護職は子どもたちの笑顔を守るために頑張っています。

福岡市立こども病院は、九州で唯一の小児専門病院であり、高度専門医療、小児救急医療、周産期医療の3つの役割を担っています。当院での治療を必要とするこどもたちが九州一円や全国から紹介され、私達は母胎管理から出生後のケアまで継続した看護を提供しています。移転後の新病院開設以降は、PICUやHCU、産科、NICU、GCUなど、小児の重症集中医療・周産期医療の整備と対応の強化に力を入れてきました。また、救急搬送への対応、新生児のお迎え搬送同乗、病棟での急変時対応など救急対応スキル向上にも力を入れています。さらに、当院で受療されるこどもは胎児期、出生直後の新生児期から成人期以降まで年齢層が幅広いため、成長・発達段階の各段階に合わせた関わりと看護が行えるよう努力しています。こどもたちの不安や苦痛が少しでも緩和でき、その子なりに納得して検査や治療が受けられるように、各看護単位ではその専門性に応じたプリパレーションを工夫しています。在宅で呼吸器装着などの医療的ケアが必要となるこどもとご家族への支援や、病気を持ちながら大人になっていくことを支えるために,移行支援にも力を入れています。平成25年度からは、こどもとご家族への安全なケアを確実にするために観察点や薬剤の確認などを2名の看護職が一緒に行う「PNS;Partnership Nursing System、パートナーシップ・ナーシング・システム」を導入しました。 これからも、病気や障がいを持つこどもと家族の権利を守り当院の看護理念である「信頼される看護」が提供できるように努力してまいります。

                看護部長・小児看護専門看護師 三輪富士代