動脈管は母親の胎内にいるときは誰にでもある大動脈と肺動脈を結ぶ管ですが、通常は出生とともに閉じるものです。
何らかの原因によりこの管が開いたままになったのが動脈管開存症です。


動脈管を介して大動脈から肺動脈に血液が短絡し、心不全、肺高血圧症の原因となります。

動脈管が大きければ乳幼児期に緊急手術を行うこともあります。
小さければ症状が出ることはほとんどありませんが、感染性心内膜炎や動脈管が動脈瘤化する危険があります。

カテーテル法を用いて動脈管にコイルを詰める技術も開発されていますが、当院では動脈管を切り離す外科手術を基本方針としています。