心臓はいわゆるポンプの役割をはたしています。

全身に酸素を供給し終えた静脈血は上大静脈と下大静脈を通って右房に還流してきます。

この血液は三尖弁を経て右室に入り肺動脈に駆出され、肺で酸素化された後に左房に還流します。

この酸素化された血液は僧帽弁を経て左室に入り大動脈に駆出されます。

左右の心房、心室の間には隔壁として心房中隔と心室中隔があります。