院長挨拶

  1. ホーム
  2. 院長挨拶

院長挨拶

福岡市立こども病院は、その前身が福岡市立こども病院・感染症センターで1980年9月西日本唯一の小児総合医療施設として開院しました。新病院は2014年 秋福岡市東 区香椎照葉に完成し、同年11月5日から診療を開始いたしました。新病院は広く明るく開放的で緑の多い環境に恵まれております。新病院では新生児集中治療室 (NICU)、小児集中治療室 (PICU)、ハイケアユニット (HCU) が拡充整備され、 関連科が緊密な連携を図りながら高度専門医療、小児救急医療、周産期医療を行っています。

高度専門医療では、循環器、周産期、手術・集中治療の3部門がセンター化され、関連科がより緊密な連携を図りながら診療を行い重症疾患に対応できる体制が構築されています。2015年に川崎病センター、てんかんセンターを、2016年には小児の骨・関節・筋肉・神経などの運動器疾患を一元的に包括的に対応できる“運動器センター”と福岡市/国内在住あるいは日本を旅行中の外国人のこどもが 安心して受診できる国際都市・福岡市にふさわしい“国際医療支援センター”を、2017年4月には慢性腎臓病(CKD)の予防、早期発見、治療のため“腎・泌尿器センター”を新たに設置し、高度専門医療体制はさらに強化されました。2015年度の厚労省DPC最新公開データ(2017年2月公開)によると全国の病院の中で川崎病患者数、複雑心奇形の手術数、股関節手術数が日本一でかつ治療成績も良好です。2016年度当院DPCデータによると前2者はさらに増加しています。

小児救急医療では、地域の医療機関からの救急搬送を積極的に受け入れ(救急車年間1,000件以上)、ドクターヘリによる搬入数も増加しています。また周産期医療としては、2016年に胎児ハイリスク症例の受け入れのためMFICU (母体胎児集中治療室) 6床を新たに設置し, NICUを18床に6床増床し周産期医療体制を強化しています。さらにドクターカーを活用し新生児・母体の迎え搬送も実施しています。

臨床教育体制としては、臨床現場での研修指導に加えゼミ、カンファレンス、医療英会話講座なども充実させています。2016年小児・周産期医療の発展に寄与するための臨床研究を促進することを目的として臨床研究部を設置しました。また,院内の医療情報の活用を推進するため医療情報室を設置し臨床研究に貢献できるよう取り組んでいます。2017年度から科学研究費助成事業(科研費)へ応募可能な研究機関として文部科学省による承認を得ました。

当院は、大学病院、総合病院小児科・産科、開業小児科・産科と機能分担して地域医療、小児救急医療、周産期医療に貢献するとともに、質が高い安全・安心の高度先進専門医療を充実させ、さらに国際交流や国際貢献ができるこども病院を目指したいと思います。“MVP (Mission, Vision, Passion) を持って小児・周産期医療に従事しMVP (Most Valuable Professional) になる”ということを全ての職員の目標にしています。

少子高齢化が進む日本において、健全な次世代育成は極めて重要です。基本理念〔こどものいのちと健康をまもる~すべてのこどもと家族の明るい未来を願って~〕のもと、日本・世界の病める子どもたちの未来のため、小児・周産期医療にさらに貢献できる病院となるよう全力を尽くす所存でございますので、皆様からのご支援、よろしくお願い申し上げます。

2017年4月 原 寿郎

院長略歴

1977年 九州大学医学部医学科卒業、九大小児科入局
1996年~2015年3月 九州大学大学院成長発達医学分野/医学部小児科教授
2008年~2013年 九州大学病院副病院長
2011年 アジア小児医学研究学会会長
2011年~ アメリカ小児科学会名誉会員
2011年~ 日本学術会議連携会員
2015年4月~ 福岡市立こども病院院長
医学博士(九州大学)、日本小児科学会専門医

President Message

Fukuoka Children's Hospital (FCH) has been providing advanced medical care for children in Western Japan since 1980. The hospital was newly built at the east district of Fukuoka city in 2014. The hospital is bright and wide, and is filled with state-of-the-art diagnostic and therapeutic equipment in a caring and healing environment. FCH has Cardiovascular Center, Perinatal Center (Obstetrics, Neonatal Intensive Care Unit: NICU, and Growing Care Unit: GCU), Pediatric Intensive Care Unit (PICU), and High Care Unit (HCU), including 24 departments. The new hospital is aimed to provide advanced specialized medical care with high quality and safety, as well as pediatric and perinatal emergency care. In 2016, we newly set up Maternal-Fetal Intensive Care Unit (MFICU) and additional NICU beds to strength perinatal care.

We opened Kawasaki Disease Center in July 2015, Epilepsy Center in October 2015, Locomotive (Bone, Joint, Muscle and Nerve) Center and International Medical Support Center in April 2016, and Nephrology/Urology Center in April 2017. FCH Cardiovascular and Locomotive (Bone, Joint, Muscle and Nerve) Centers are ranked among the best in Japan for the management and treatment of complex anomalies. Kawasaki Disease Center provides the most comprehensive care including registration, consultation, diagnosis, treatment and transition in collaboration with Kyushu University Hospital. FCH is treating the largest number of patients with Kawasaki disease in Japan according to the DPC Public Data from the Ministry of Health, Labor and Welfare, Japan. I have been leading sophisticated research and clinical trials as a principal investigator of Kawasaki Disease Research Project (the first project: 2014-2016, the second: 2017-2019) granted by Japan Agency for Medical Research and Development (JAMED).

Our mission is to provide family-centered, individualized high quality care with state-of-the-art technology to every child, regionally and globally, in a friendly environment. In addition to primary pediatric care, every pediatric medical or surgical specialty is available to provide focused care for children. All staffs are aiming to become MVP (Most Valuable Professionals) with MVP (Mission, Vision, and Passion). We also recruit young enthusiastic individuals who want to make a difference in pediatric care in a positive work-life balance with many opportunities for education and experience. We are planning to perform more clinical research.

Fukuoka city was selected as one of the 10 hottest cities in the world by Newsweek in 2006, and the 10th most livable city in the world by the United Kingdom information magazine, Monocle, in 2014. Furthermore, it was chosen as one of the international model cities in the world by Habitat Expert Meeting. Therefore, FCH aims at its globalization to have more students and doctors for training from overseas.

April, 2017
Toshiro Hara, MD, PhD.
President,
Fukuoka Children’s Hospital

Biography

1977 M.D. Graduated from Kyushu University
1983 Ph.D. Kyushu University
1996~2015 March Professor and Chairman, Department of Pediatrics, Kyushu University,
2008~2013 Deputy Director, Kyushu University Hospital
2011 President, Asian Society for Pediatric Research
2011~ American Academy of Pediatrics Honorary Member
2014~ Principal Investigator, Kawasaki Disease Research Project granted by Ministry of Health, Labour and Welfare in Japan
2015 April~ Director, Fukuoka Children's Hospital

Recent Major Presentations and Publications (PDF)

  • 院長挨拶
  • 看護部
  • 小児医療を志される方へ
  • 小児周産期医療を志される方へ
  • 寄付
  • 再診予約
  • 新生児搬送連絡先・母体搬送連絡先
  • ヘリポート使用許可
  • 研究費の不正防止に関して
  • ボランティアコーナー
  • 関連情報リンク
  • 治験
  • 病院情報ダウンロード
  • 取材申し込み
  • カンファレンス
  • ランチゼミ
  • web広報誌「みらい」
  • 病院のご案内
  • 病院指標
  • ご意見箱
  • ふくおかハウス建設募金病気の子どもと家族の滞在施設
  • (財)日本医療機能評価機構病院機能評価認定病院

ページ上部にもどる