院長挨拶

  1. ホーム
  2. 院長挨拶

院長挨拶

ごあいさつ


 2020年2月からの国内での新型コロナウイルス感染症の流行に対応するため、院内にCOVID-19対策本部を設置し、新型コロナウイルスに対する万全の感染予防対策のもと診療を行ってきました。感染予防のため、患者様及びご家族の皆様方には、面会制限やWEB 面会へのご協力に感謝いたしますともに、ご不便をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。新型コロナウイルス感染症により、日常生活、社会が劇的に変わりましたが、新しい日常“New normal”に順応し、現在中止している事が何らかの形で再開あるいは代行できますように努力していきます。
 小児は新型コロナウイルス感染症そのものによる重症化はほとんどありませんが、学校閉鎖による教育の遅れ、分離や孤独、社会的刺激の減少など大きな影響を受けました。特に大きな問題は小児のメンタルヘルスの面で、不安、家庭内暴力、虐待、自殺の増加が報告されていますので、学校、保健所等と連携して小児のメンタルヘルスの問題に対しても対策を強化していきたいと思います。
 小児病院における新型コロナウイルスの影響として、マスク・手洗い、3 密の回避により、呼吸器、消化管、尿路、中枢神経、耳鼻科領域の感染症が減少しただけでなく、感染に伴って起こる熱性けいれん、感染症が増悪に関係する喘息・慢性腎炎などの慢性疾患の入院患者数も減少しました。福岡市の急患診療センターの年末年始の小児科患者数は、昨年の同患者数と比し約30% と、内科・外科の患者数減少に比しても顕著でした。これらの変化から、小児疾患において予防の重要性を再認識させられました。
 また、2020年の累計妊娠届出数は87万件余で、前年同期間と比較すると4.8%減でした。そのため、2021年の出生数は80万人を割り込み70万人台になることが濃厚となっています。コロナ禍で人口減少が10年前倒しとなっています。経済的にも安心して出産育児ができる環境の整備が急務となっています。
 世界的に新型コロナウイルス感染症患者が急増する一方、欧米ではワクチン接種が進んでいます。ワクチンによる新型コロナウイルス感染症の早期収束を期待しますが、ワクチン接種の遅れと変異株の出現で、まだその目処は立っていません。多くの科学者から、新型コロナウイルスが今後季節性のウイルスとなり、毎年流行する可能性があることも指摘されています。ポストコロナ時代が来ても、小児において予防医学の重要性が再認識された以上、小児科領域における疾患の質的量的変化の持続が予測され、コロナ時代の妊娠抑制による少子化の加速も加わり、医療政策上、将来を見据えた先手の対策が必要です。
 当院は、「こどものいのちと健康をまもる~すべてのこどもと家族の明るい未来を願って~」を基本理念に、小児高度専門医療、小児救急医療、周産期医療を3本柱として運営を行っています。2020年に開院40周年を迎えましたが、新型コロナウイルス感染症蔓延防止策として、記念講演会は開催せず、ホームページ上での動画の公開と40周年記念誌の発行のみといたしました。
 加えて新型コロナウイルス感染症の持続のため、熱帯医学の短期海外研修は延期、当院があるアイランドシティ照葉居住者との交流の一環として実施しております、こども病院コミュニティープログラム“こども病院フェスタ”は中止しました。一方“こども病院生涯学習講座:子育て・孫育てに役立つCGG(Child Grandchild Good-care)プログラム”は感染対策を徹底して実施できました。患児家族滞在施設(ふくおかハウス)は、増室し施設環境の整備を行いましたが、新型コロナウイルス感染症蔓延防止のため、利用者数が制限されご不便をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。
 今回の新型コロナウイルス感染症のパンデミックで、WEB を活用した会議、セミナー、学会などが急速に普及しました。今後もDX(デジタルトランスフォーメーション)を進め、より安全で質の高い医療を提供できるよう職員一同精進していきたいと思います。当院は、大学病院や地域の医療機関等と機能分担して、地域医療、小児救急医療、周産期医療に貢献するとともに、安全・安心の高度先進専門医療を充実させ、さらにコロナ時代に合致した小児周産期医療、国際交流や国際貢献ができるこども病院を目指してまいります。
 “MVP(Mission, Vision, Passion) を持って小児・周産期医療に従事しMVP(Most ValuableProfessional)になる”ということを全職員の目標にしています。健全な次世代育成のため、日本・世界の病める子どもたちの未来のため、小児・周産期医療にさらに貢献できる病院となるよう全力を尽くす所存です。皆様からのご支援、よろしくお願い申し上げます。

2021 年6 月吉日
地方独立行政法人福岡市立病院機構理事長
福岡市立こども病院院長
原 寿郎

President Message


Fukuoka Children's Hospital (FCH) has been providing advanced medical care for children in Western Japan since 1980. The hospital was newly built at the east district of Fukuoka city in 2014. The hospital is bright and wide, and is filled with state-of-the-art diagnostic and therapeutic equipment in a caring and healing environment. FCH has Cardiovascular Center, Perinatal Center (Obstetrics, Neonatal Intensive Care Unit: NICU, and Growing Care Unit: GCU), Pediatric Intensive Care Unit (PICU), and High Care Unit (HCU), including 26 departments. The new hospital is aimed to provide advanced specialized medical care with high quality and safety, as well as pediatric and perinatal emergency care. In 2016, we newly set up Maternal-Fetal Intensive Care Unit (MFICU) and additional NICU beds to strength perinatal care.

We opened Kawasaki Disease Center in July 2015, Epilepsy Center in October 2015, Locomotive (Bone, Joint, Muscle and Nerve) Center and International Medical Support Center in April 2016, and Nephrology/Urology Center in April 2017. FCH Cardiovascular and Locomotive (Bone, Joint, Muscle and Nerve) Centers are ranked among the best in Japan for the management and treatment of complex anomalies. In April 2019, Department of Fetal Cardiology was opened to promote accurate prenatal diagnosis and better postnatal treatment. Kawasaki Disease Center provides the most comprehensive care including registration, consultation, diagnosis, treatment and transition in collaboration with Kyushu University Hospital. FCH is treating the largest number of patients with Kawasaki disease in Japan according to the DPC Public Data from the Ministry of Health, Labor and Welfare, Japan. I performed sophisticated research and clinical trials as a principal investigator of Kawasaki Disease Research Project (the first project: 2014-2016, the second: 2017-2019) granted by Japan Agency for Medical Research and Development (AMED).

Our mission is to provide family-centered, individualized high quality care with state-of-the-art technology to every child, regionally and globally, in a friendly environment. In addition to primary pediatric care, every pediatric medical or surgical specialty is available to provide focused care for children. All staffs are aiming to become MVP (Most Valuable Professionals) with MVP (Mission, Vision, and Passion). We also recruit young enthusiastic individuals who want to make a difference in pediatric care in a positive work-life balance with many opportunities for education and experience. We are planning to perform more clinical research.

Since 2020, SARS-CoV-2 pandemic has been attacking the world. We understand that it can be an especially anxious time for patients and their families. FCH has been making maximal efforts to prevent patients, families, and staffs from COVID-19. We hope that the COVID-19 vaccine will bring the pandemic to an end. Year 2020 was our 40th anniversary. Due to COVID-19 pandemic, we did not hold a commemorative party and lecture. Instead, we provided Web lectures in FCH homepage and published the 40th Anniversary book of FCH.

The health and safety of patients is our absolute priority, and all the staff have been doing their best to provide medical care of safer and higher quality.

April, 2021
Toshiro Hara, MD, PhD.
President,
Fukuoka Children’s Hospital

院長略歴

1977年 九州大学医学部医学科卒業、九大小児科入局
1996年~2015年3月 九州大学大学院成長発達医学分野/医学部小児科教授
2008年~2013年 九州大学病院副病院長
2011年 アジア小児医学研究学会会長
2011年~ アメリカ小児科学会名誉会員
2011年~ 日本学術会議連携会員
2015年4月~ 福岡市立こども病院院長
医学博士(九州大学)、日本小児科学会専門医

Biography

1977 M.D. Graduated from Kyushu University
1983 Ph.D. Kyushu University
1996~2015 March Professor and Chairman, Department of Pediatrics, Kyushu University,
2008~2013 Deputy Director, Kyushu University Hospital
2011 President, Asian Society for Pediatric Research
2011~ American Academy of Pediatrics Honorary Member
2014~ Principal Investigator, Kawasaki Disease Research Project granted by Ministry of Health, Labour and Welfare in Japan
2015 April~ Director, Fukuoka Children's Hospital

ページ上部にもどる