運動器センター

センターの特徴

 運動器センターとは、運動器に異常がある患児に対する高度で専門的な医療を行うセンターです。多数の科の医師、リハビリテーション部の作業療法士および理学療法士で構成されており、疾患に応じ適切な診療を行います。出生後早期に治療が必要な先天性内反足や先天性膝関節脱臼などの疾患を整形・脊椎外科および新生児科医師による対応を行います。また二分脊椎などの神経異常の疾患に対しては、脳神経外科、小児神経科、泌尿器科、整形・脊椎外科医師で総合的に診療を行いや作業療法士、理学療法士によるリハビリテーションを行います。骨形成不全症や軟骨無形成症などの骨系統疾患では、成長に伴い症状が進行し重篤な後遺症を呈する場合もあり、小児神経科、内分泌代謝科、整形・脊椎外科などによる適切な診療を行います。四肢の形成不全や側弯症では適切な時期での外科的治療を行うことが必要となることが多く、医療スタッフの相互の協力で装具治療、手術、理学療法などを行います。小児疾患では、成人と異なり発育に伴い症状に変化が生じるため継時的な観察が必要で、運動器センターで医療チームを形成し適切な診療を行います。

センター長より

 整形・脊椎外科、小児神経科、脳神経外科、泌尿器科、内分泌代謝科、新生児科の医師と、小児医療に習熟したリハビリテーション部の作業療法士および理学療法士が、診療科や職種の枠組みを超えた医療チームとして、それぞれの疾患に関してより専門的な診療を行います。小児の運動器疾患には成人と異なり、発現していない全身症状を呈する疾患や進行性の疾患もあり、様々な科の診療の協力が必要です。また小児特有の疾患がありリハビリテーションも重要な治療になります。病気の克服と運動器の健やかな発達をめざし、チーム一丸となり診療に邁進いたします。

運動器センター長 高村 和幸