循環器センター

センターの特徴

循環器センターは“小児科医による循環器科”と“外科医による心臓血管外科”のふたつのチームで構成されています。1980年に福岡市立こども病院が中央区唐人町で開院して以来35年、看板チームとしてこども達の心臓病の診療(治療)に当たっています。担当する病気は、①生まれながらの心臓病(先天性心疾患)と②学校心臓検診などで診断される不整脈や心筋症といった生まれた後にかかる心臓病(後天性心疾患)に分けられます。こどもの心臓病治療が可能な病院は全国的に少なく、当センターには遠方から患者さんが来られます。50%以上は福岡県外からで、ときに重症な患者さんは新病院に整備されたヘリポートを利用してヘリコプターで搬送されてきます。

先天性心疾患:生まれながらの心臓病は種類が多く、内科治療のみでは治すことができないものが多いために小児科医と外科医のチーム医療が欠かせません。最近はお母さんのおなかの中の赤ちゃん(胎児)が心臓病であると診断されることも珍しくなく、当センターでは周産期センター(産科・新生児科)と手術・集中治療センターと密に連携して計画的に治療にあたっています。手術は心臓血管外科が、外来・入院中の検査などは循環器科が担当します。心臓病手術は年間400件以上、開院以来ののべ手術数は10000件以上となり、術後患者数は7000人を超えました。循環器科が担当する心臓カテーテル検査・治療は年間500件以上で、のべ20000件に達しようとしています。治療を受けた患者さんの大半は制限のない生活を送っています。しかし、患者さんには生涯にわたる管理の継続が望まれますので、成長された患者さんには九州大学病院をはじめとした成人内科をご紹介しています。

後天性心疾患:循環器科は学校心臓検診にも積極的に参加し、学校保健、地域医療に貢献しています。検診の目的は、診断されていない心臓病や命に関わる危険な不整脈などの発見です。不整脈などが指摘された児童生徒に対しては、専門的な検査結果に基づいた生活指導・薬による治療、および特別なカテーテル法による治療(カテーテルアブレーション)を行います。このように循環器センターは、当院の力を結集して適切な治療に努め、お子さんを一日でも早く元気にご家族のもとにお返しできるよう努めています。

センター長より

大人でも心臓病といわれた本人と周囲の方の心配は大変なものでしょう。ましてやお子さんに心臓病が疑われたり診断された家族の心配は如何ばかりでしょうか。循環器センターの窓口は外来・入院ともに循環器科です。かかりつけの小児科医などを通じて受診予約をお取りください。外来は主治医制ですので、お子さんの病気をよく理解した医師が診療にあたります。私たちはチームとして、これまでに蓄積した経験と最新の医療機器を駆使し、お子さまに最適な医療を提供したいと思います。担当医から十分な説明を受け、納得して治療を受けてください。また、先天性心疾患は種類が多く、同じ病名の方でも治療方法や治療成績(結果)が一定ではありません。お子さまの病気を他の方と比較することは意味がありません。

全国的にこの領域の専門医は少なく、当センターのように複数の専門医によるチーム医療を展開する施設は限られます。少ない専門医がその力を十分に発揮でき、一人でも多くの心臓病のこども達が最良の医療を受けられるように、患者さん・ご家族にもご理解とご協力をお願いしています。力をあわせて、こども達の心臓病に向かい合ってゆきましょう。

循環器センター長 佐川 浩一